« やっぱりロナウド その8 | Main | サッカー:アドリアーノはジーコに感謝 »

sábado, 24 de dezembro de 2005

サッカー:ロベルト・カルロスはしゃべりまくる

マスコミにはいたって評判のよいロベルト・カルロス

ロベルト・カルロスは、2006年のワールドカップの1次リーグでは、ブラジル代表は難しいと思っている。

ロベルト・カルロスは、月曜日に行うチャリティー試合のプロモーションのために記者会見を行い、ブラジルの相手となる、豪州・クロアチア・日本について分析した。
spd20051223u

クロアチアとの今年8月の親善試合では我々は苦しんだ。 日本はいつも素早いチームで、彼らに対してもとても苦しんだ。 人々が思っている様には簡単なグループではない」と、ロベルト・カルロスは言った。

ロベルト・カルロスは、また2006年のワールドカップでのブラジル代表について楽観視することについて話すことは平静でいたいとした。

楽観視は、人々やマスコミ向けのものだ。 我々はグラウンドの外においてくる、それは色々なことが起こりうるからだ。 我々は経験があるし、それでリーダーになることを知っている」と、ロベルト・カルロスは言った。

|

« やっぱりロナウド その8 | Main | サッカー:アドリアーノはジーコに感謝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7804766

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロベルト・カルロスはしゃべりまくる:

« やっぱりロナウド その8 | Main | サッカー:アドリアーノはジーコに感謝 »