« ブラジルの「エイズ撲滅運動」 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第42節 ゴイアス対コリンチャンス »

domingo, 4 de dezembro de 2005

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その24 宅配ピザ2

ブラジルで大人気の日系人タレントの「サブリナ・サトウ」。
spd20051203a

レギュラーとして出演しているrede TV局Panico na TVという番組で、色々な事にチャレンジさせられるのが、サブリナ・サトウの役割だ。

先週は、ピザの宅配にチャレンジということで、生中継の宅配もあった

また、「吉例」のランジェリーもあった。
元々はランジェリー姿で危険なことにチャレンジというコーナーだったのだが、段々と趣旨が変わってきて、ランジェリーだけが残った

今回は、「Delivery in lingerie」だった。

とあるピザ屋で宅配の電話を受けて、その家にランジェリー軍団が実際に配達に行って、引き起こすドタバタであった。

電話を受けるサブリナ。(本当の電話かどうかはかなり疑問だが、テレビだからそれは仕方ない。)
spd20051203e

デリバリーに出発。
spd20051203g

最初の家に到着。
家の中に入れてもらう。
spd20051203b

「至福の時」を過ごす少年。
胸がいっぱいで、ピザなど食べていられないはずだ。
お父さんも、子供の手前、そして妻の手前、かなり我慢をしていた。
spd20051203c

こんなランジェリー姿でのデリバリーが突然来たら、「嬉しくもあり」また「怪しい」。
ブラジルでは、一応決まりの「お尻」強調シーン。
これで視聴率は確実にアップ。
spd20051203h

訪問した家では、それぞれのランジェリー姿を披露するショーをやるのだが、ある女性はショーに見とれ、鼻の下を伸ばす彼氏に激怒し、ボコボコにしていた。
ブラジル人女性は、結構こういうことに鷹揚ではないところがある。
spd20051203d

まあ、何の意味も盛り上がりもない、ただのドタバタだった。

最後は深夜になって、サブリナ・サトウの大欠伸。
おばさん顔になっていた。
spd20051203f

しかし、このような強力BODYのブラジルと、秋葉系メイド喫茶の「萌え萌え」とは、彼我にかなりの方向性の違いがある。
勿論、ブラジルではこんなものは普通には街中にあるわけはないが、海岸に行くと「確実」に見ることができる。
どっちがどうとは言わないが。


|

« ブラジルの「エイズ撲滅運動」 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第42節 ゴイアス対コリンチャンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その24 宅配ピザ2:

» ラテン系の対極 [ブラジリアン・ガールと不器用な俺の物語]
ブラジル人のいいところは、自分に正直なところだ。 良くいえば(笑) 悪く言えば、欲望まるだしなのだ。 これを美しく言い換えると「情熱的」とも言う。 ところが俺は、過剰なまでに日本の社会に 適応しすぎてしまった人間なので、 自分を主張するという事がまるでできなかった。 俺はいつでも無色透明で人畜無害。 いつでも、どこでもよい人を演じようとしていた俺は、 他人から嫌われないことだけを思って、 三十何年間ずーっと生きてきた。 しかしその結果は。誰からも好かれなかった。... [Read More]

Tracked on terça-feira, 6 de dezembro de 2005 19:09

« ブラジルの「エイズ撲滅運動」 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第42節 ゴイアス対コリンチャンス »