« ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その3 | Main | ブラジル・サンパウロのナタウ その10 ショッピング・イグアテミ »

sábado, 31 de dezembro de 2005

ブラジル・サンパウロの新年 その2 祭り

ブラジル・サンパウロのリベルダーヂ地区にある東洋人街。

最近、ずっと「祭」と書かかれた「のぼり」が、付近の道を埋めている。
spd20051230d

商店街がニギヤカシにやっているのであろう。

「祭」が、商業主義に侵されているのはあまり好きではない。
日本でもそういうとところが、どんどん増えている。

本来は、神社の祭事にあたって、門前に「市」が出来ていたはずで、それでなければ「祭」ではないはずだ。

「祭」が無い場合は、「○○市」というほうが、商業には似つかわしいと思う。

よくみると「餅つき祭り」という横幕もある。
spd20051229l

12月31日は、リベルダーヂ広場で餅つきが行われて、その餅が配られるのである。
とんでもない人が集まってきて、長い列が出来る。

そして、そこには南米神宮が頓宮を設けている。
神主さんがいて巫女さんがいる
お神籤も、お守りも配布されている。

ということなので、「祭」でまちがっていない。

しかし、「餅つき祭り」ではちょっと重みがない。
年末は、それでも良いが、
新年には、「新年例大祭」なんていう名前にはならないのだろうか。

年々、韓国系や中国系の人たちの存在が増しているここ東洋人街なのだが、「天照大神」で問題ないのだろうか。
難しいことを言わないのが、ブラジルのルールだからそれで良いのだろう。

|

« ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その3 | Main | ブラジル・サンパウロのナタウ その10 ショッピング・イグアテミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7919591

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの新年 その2 祭り:

« ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その3 | Main | ブラジル・サンパウロのナタウ その10 ショッピング・イグアテミ »