« ブラジル・サンパウロに「牛」 その41 MUBE3 | Main | ブラジル・サンパウロで、超豪華な「結婚式」 »

sábado, 3 de dezembro de 2005

ブラジルの「復讐」

ブラジルでは、「復讐Vinganca」が怖い。

復讐が怖いから、みんな口をつぐんでしまうのだ。

11月29日の夜、リオ・デ・ジャネイロ北部で、バスが燃えた。
燃えたのではなく、焼かれたのである。
そして、乗客5人が死んだ。
まだ、2人の身元がわかっていない。

普通の市内を走っているバスである。
spd20051202x

事件はこうだ。
バスは、未成年の男女が手を上げたので、乗客だと思い、ドアを開けた。
そしたら、別の若者が乗ってきて、ガソリンを撒いた。
乗客にもガソリンをかけた。

乗客たちはあわてて降りようとしたが、入り口も非常口も、銃器を持った別の若者がかためていた。
降りることが出来ないようにしていたのだ。
初めから、乗客を焼き殺すことを狙っていたのである。

そして、火を付けた。
幾人かの乗客は、そうした中でも窓を割ったりして、逃げおおせた。
でも火傷を負ったものも多い。

リオ・デ・ジャネイロでは、こういったバスを焼く事件は頻繁に起きているそうである。
しかし、乗客は降ろしたあとに、焼くのが今までの事件である。
この事件の真相は何だったのか。

最初に手を上げてバスを止めた未成年の少女の身柄が今日12月3日に確保されて、自供が報じられた。
「復讐」だという。

それも、「警察」に対する復讐である。
警察が、麻薬組織の取り締まりをやっているのは、毎日のことである。
その取り締まりの中で、「死者」がでるのも、ほぼ毎日のことである。

つまり、この若者達は、仲間の1人が取り締まりの中で警察に殺されたことに対する、「復讐」として、バスを焼いて5人を殺したのである。
何とも、やりきれない理屈である。

通常、麻薬組織はファヴェーラの中に根を張る。
そこに、警察が取り締まりのために侵入してくるのであるが、なかなか住民達の協力を得ることが出来ない。
それは、麻薬組織がファヴェーラの暮らしを守っていたり、時にはパーティーを主催したりと、住民達にとって害があるどころか、役に立つからである。
他の組織が入り込んで混乱が起きたり、警察がやたら目ったら弾を打って巻き添えになるのを嫌い、平和な暮らしを住民達はしたいだけなのである。
失業率の高いファヴェーラでは、麻薬だろうが何だろうが「生活の糧」になるのであれば、それは認めざるを得ない。

だが、今回のように無関係の乗客を犠牲者にしたのでは、「約束」が全く違ってくる。

さて、11月26日に、サンパウロ東部の薬局で事件が起きた。
日が暮れた頃、薬局の前に2台の車がとまり、中に向かって銃を乱射した。
spd20051202r
spd20051202s

薬局の警備員は、5発の弾を食らったが、重傷ですんだ。
でも、中にいたお客の連れていた子供が死んだ。

実は、この事件の更に1週間前に、この薬局を強盗が襲った。
この警備員が、応戦し、その強盗の内の1人を射殺した。

そしたら、数日後に、その殺された強盗の妻がやってきて「復讐」してやると、店の中や周辺でわめき散らしていったそうだ。
この薬局の近くの商店もそのことを知っており、何か起きるのではないかと恐れていたそうだ。

警察では、正しく「復讐」であろうとみている。

-----------------------------

ブラジルの東北部の小さな街では、二つの憎しみ合っている家族が、復讐に復讐を重ねているといることもあるという。

触らぬ神に祟りなし。
近づかないことが大事なことである。

|

« ブラジル・サンパウロに「牛」 その41 MUBE3 | Main | ブラジル・サンパウロで、超豪華な「結婚式」 »

Comments

強盗して殺されたくせに、その妻が復讐を誓うなんて、本末転倒ですよね。
口を慎めって感じだけど、そういう感覚は持ち合わせてないんですね。

実は隣人、こっちに越してくる前の前の前だか、
日系人に雇われていたのですが、そこでDONO宅に泥棒が入ったのに応戦して
泥棒を殺害。  その1週間後復讐に戻ってきた泥棒の仲間が夕刻、後ろから襲ってきたところを射殺(ピストルを持ち歩いていたそうです)。
警察沙汰にもなり、有り金をはたいて弁護士を立てて罪には問われなかったものの、
身の危険もあり、その雇われ先を出て転々とし、現在うちの土地に住んでいるのですが、あまりかかわりたくないですね。

ちなみに、この話は内緒ですよ。


Posted by: DINDINHA | domingo, 4 de dezembro de 2005 at 00:17

>DINDINHA様
もちろん秘密にします。
この事実を知ってしまっただけでも、恐ろしいです。
「復讐」が多いというのは、何ですかね。
司法を信用していないからですかね。
おとなしく暮らすしかないですね。

Posted by: Sao Paulo | terça-feira, 6 de dezembro de 2005 at 12:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7455030

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「復讐」:

» 日本の現実はファベーラの住民と変わらない [非国際人養成講座]
久しぶりにブラジルの話題である。興味のない方はスルーしていただいて構わない。単なる野蛮な事件である。あー平和な日本に生まれた私たちは良かったわね、という程度の事件だ。しかし、もし読まれる奇特な方がいたら、世界とはこういうものであることを知って欲しい。 ... [Read More]

Tracked on terça-feira, 6 de dezembro de 2005 at 08:14

« ブラジル・サンパウロに「牛」 その41 MUBE3 | Main | ブラジル・サンパウロで、超豪華な「結婚式」 »