« 「生まれたばかりの子供が飼い犬に食べられた」というブラジルの主婦 | Main | サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 »

sábado, 31 de dezembro de 2005

ブラジル・サンパウロは「夏」 その7 

ブラジル・サンパウロは、やっと夏らしくなってきたようだ。

今日12月30日は、暑くなった。
最高気温は、30度までになったようだ。

16時30分頃からは、久しぶりに夕立が降った。
雷も轟いた。

雨はなかなか止まず、21時頃に降り止んだ。

このところ、雷なのだか、花火なのだか、わからない音がする。
拙宅の犬は、「震えっぱなし」で、可哀想である。

パウリスタ大通りをスタートそしてゴールとして、12月31日には午後に伝統のショートマラソンが行われる。
海外からも選手がやってきている。
あのヴァンデルレイ・リマ選手も出場するようだ。

19時からは、パウリスタ大通りは「年越しのコンサート」がおこなわれる。
年越しのカウントダウンも行われる。

明日だけで、人出は、200万人を予想という。
かなりの人が、サンパウロを離れているようで、人も車も少ないサンパウロなのであるが、200万人もやってくるのだろうか。

年越しの瞬間から、全市で花火が一斉に打ち上げられる。

おそらく1時間以上は、断続的に続くはずである。

すでに、何回も深夜に予行練習をしている「戯け者」があちこちにいる。

そういったサンパウロの大晦日なのだが、そういった行事とはおそらく無縁の人たちがいる。
パウリスタ大通りからはそう遠くない、高級アパート街の一つのイジェノポリスアンジェリカ大通りにいる

この場所は良い場所のようだ。
日によって顔ぶれが違っている。
spd20051229h
spd20051229i

|

« 「生まれたばかりの子供が飼い犬に食べられた」というブラジルの主婦 | Main | サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7920706

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「夏」 その7 :

« 「生まれたばかりの子供が飼い犬に食べられた」というブラジルの主婦 | Main | サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 »