« ブラジル・サンパウロのナタウ その4 | Main | サッカー:ロマリオは2006年が最後の年 »

sexta-feira, 23 de dezembro de 2005

サッカー:ジーコはブラジルのアイドル その2 君が代

ブラジル国内では、もうサッカーのシーズンは12月4日にブラジル選手権でコリンチャンスが優勝したことでほとんど終わっている。

監督や選手の交代や移籍の話題くらいが、散発的にでている。

だから、試合の報道はない。
ブラジル選手が活躍する欧州の試合の報道が、ちょっと時間を長くして詳しく報道される。

また、ブラジルではあまり済んだことは言わないので、2005年を振り返るなんていう番組はあまりない。
むしろ、2006年がとても大事である。
いうまでもなくワールドカップの年だからだ。

そして、そのワールドカップには5人のブラジル人が代表監督として参加する

ブラジル、ポルトガル、コスタリカ、そして日本。
そして、先週さらにサウジアラビアの代表監督も、ブラジル人になった。
spd20051221s

そのサウジアラビアを除く4人の監督が、来年そうそうに放送される番組の収録のために,12月19日に顔を揃えた。(サウジアラビアの監督は、電話で参加した。)
spd20051221r

1次リーグで当たるブラジルと日本などという組合せもあるのだが、基本的には他のチームの情報の交換などは頻繁に行われているようだ。

そして、もちろんブラジル代表の問題点なども忌憚なく指摘している。

ワールドカップで優勝という実績のあるカルロス・アルベルト・パヘイラ現監督とルイス・スコラーリ・フィッリピ前監督はやや発言力があるようだが、選手としての実績絶大のジーコもやはり発言力がある。
spd20051221t

それぞれの監督はブラジル人なので、ブラジルの国歌はもちろん歌うことが出来るが、それぞれの国の国歌は歌えるかという話になった。
3人とも歌えると言って、歌った。

ジーコ監督の「君が代」だ。
「20051220Jico.wmv」をダウンロード
微妙。

同じポルトガル語のポルトガルや、近いスペイン語のコスタリカなどから見ると、日本語にはハンディーを上げないとかわいそうだ。
おまけに、雅楽の音階だし。

だけど、考えてみたら、ジーコ監督はもう15年ほど日本と関わっているのだが。
それに「君が代」はとても短いのだが。
-------------------------

以前、別の番組で、日本に帰化したサントスに、「まだブラジル国歌を歌えるか」と訊いているのがあった。
途中で歌えなくなった。

ブラジル国歌は、とても長い国歌である

|

« ブラジル・サンパウロのナタウ その4 | Main | サッカー:ロマリオは2006年が最後の年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ジーコはブラジルのアイドル その2 君が代:

» ハタガヤーンU総入れ替え [HardReggaeCafe@Ameblo.jp]
さて、そんなわけで交渉期間に突入。 どうしてもほすぃー選手がいる。 インテルのアドリアーノ(ブラジル代表)である。 足も速く、高さにも強く、決定力も高い。 そして、まだまだ成長過程なのでこれから伸びる。 900ほどなのでお買い得なのだが、いくら積んでも 移籍し... [Read More]

Tracked on sexta-feira, 23 de dezembro de 2005 12:55

« ブラジル・サンパウロのナタウ その4 | Main | サッカー:ロマリオは2006年が最後の年 »