« サッカー:アモローゾはミランへ飛ぶ | Main | サッカー:マテウスがアツレチコ・パラナエンシの監督へ その2 »

quinta-feira, 12 de janeiro de 2006

サッカー:ロドリゴ・タバタはサントスと契約

サントスは、日系3世のロドリゴ・タバタRodrigo Tabata25歳との契約を受けた。
ロドリゴ・タバタは、2005年のブラジル選手権ではゴイアスGoiásのMFであった。
spd20051120g

サントスは、ロドリゴ・タバタの権利の50%を320万レアル(1億6千万円)で獲得した。
ロドリゴ・タバタは木曜日の朝サントスにやって来て、検査を受け、3年契約にサインをする。

ロドリゴ・タバタの契約は、サントスの監督ヴェンダルレイ・ルシェンブルゴVanderlei Luxemburgoと社長のマルセロ・テイシェイラMarcelo Teixeiraとの昼食時の会議で決まった。

この時に、ヴェンダルレイ・ルシェンブルゴはサントスはいいチームだと言ったが、リカルヂーニョRicardinhoの穴を埋めるためにMFが必要だと言った。
spd20060111c

サントスは3週間に渡ってゴイアスと接触を保っていた。
ゴイアスは、ヴァンダルレイ・ルシェンブルゴの強い意志の下で、サントスの提示を受けた。

-----------------------------
2005年のブラジル選手権の後には、コリンチャンスがロドリゴ・タバタに関心を持っている報道もあった。
ロドリゴ・タバタ自身は、12月末に、誰も接触してこないと言っていた。

日系人の彼が、遂に大きなチームに移籍することになった。

ロドリゴ・タバタは、2005年のブラジル選手権での最優秀MF部門の3人の候補の1人であった。

-----------------------------
リカルヂーニョの行き先がまだ決まっていない。

|

« サッカー:アモローゾはミランへ飛ぶ | Main | サッカー:マテウスがアツレチコ・パラナエンシの監督へ その2 »

Comments

今期のサントスは、やり過ぎのように思えてなりません。

が、

楽しみで仕方ないです。

Posted by: ぐらぱち | quinta-feira, 12 de janeiro de 2006 at 13:53

>ぐらぱち様
ロビーニョ基金が、たくさんあるんでしょうね。
(考えてみれば、ルシェンブルゴがサントスに持ってきたようなお金だから、使うのも自由。)

Posted by: Sao_Paulo | quinta-feira, 12 de janeiro de 2006 at 14:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8123546

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロドリゴ・タバタはサントスと契約:

» 2006年01月13日05-06名古屋ストーブリーグ第12幕 [Grampus8]
3ピースの内の2ピース目が埋まりました。獲得DF:マレク・スピラール(SVK):クラブ・ブリュッヘ(BER)191cm/85kgの30歳。元スロバキア代表。A代表30試合選出に、UEFA CUP11試合出場。200... [Read More]

Tracked on quinta-feira, 12 de janeiro de 2006 at 13:52

« サッカー:アモローゾはミランへ飛ぶ | Main | サッカー:マテウスがアツレチコ・パラナエンシの監督へ その2 »