« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その16 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる14 | Main | サッカー:クリスティアンはヘルサ・ベルリンは取り消し。 »

terça-feira, 31 de janeiro de 2006

ブラジル経済2006 その3 ビッグ・マック

世界の色々な国や都市の物価の比較をするのは簡単ではない。

同じ商品カテゴリーでも質が違えば、価格が違っても当然だ。
車で言えば、排気量を同一に設定しても、価格は2倍違うこともある。

アパートの家賃にしても、部屋数や面積を同じにしても、質が違う。

野菜や穀物、肉類でも、同じものがあるとは限らないし、季節変動もある。
それに、買い求める場所によっても違うだろう。

また、現地の人のどのレベルの生活をするのかによっても違う。

先進国レベルの生活を、発展途上国で求めるのは、その先進国以上に高いコストになる。
世界の物価比較で、「駐在員生活」をした場合の比較という調査で、いつもアフリカの国の首都が上位に来るのは、そういうことだ。

ブラジルのように、世界最大の貧富の差のある国では、「平均」という概念は成り立たない。
「中間」というのも、いまひとつだ。
アマゾンを含むこの国全体での平均どころか、サンパウロだけでも平均とか標準とか概念では考えにくい。

さて、世界各国の物価を比較する場合に、一つの指標としてBig Mac Indexというのがある。
英国のThe Economistが考え出したもので、おそらく世界中にあって、おそらく均一な商品であろうマクドナルドの
ビッグ・マックの価格を比較したものである。

その表が、先日新聞に掲載されていた。(価格は米ドル表示)
spd20060124m

なんと、日本よりもブラジルの方が高いのである。

ここの原料である肉や乳製品、野菜などは、日本より遙かに安いブラジルなのだが、こうやって製品化するととてつもなく高いのにになっている。

ブラジルでは、実は外食はとてつもなく高いのだ。
どういう訳だか高い。
自宅で作るのとは、比較にならないのだ。
外食できる人は、それだけで貧しい人ではないということになる。

ブラジルでは、マクドナルドは、その外食の中でも、決して安い方ではない。
原料も、人件費も、家賃も、サンパウロでさえ東京より遙かに安いはずなのだが、高い。
それでいて、結構混んでいる。

マクドナルドは、20数年前に進出している。
日本のように、どこにでもあるわけではないが、ファースト・フードの中では最も多い店数だ。

大きなショッピングセンターには何店舗もある。
スーパーにもある。
街の中心部にもある。
ロードサイド店もある。

ちょっとしたブランドだ。

でも、サンパウロには沢山あっても、内陸部の諸都市にはもうあまりない。
やはり高すぎるからだろう。

※表の右のグラフは、米国での価格に比べて何%安いか高いかということを比較して、それによってその通貨の実質的な価値が米ドル比較で逆に高いか安いかということを示している。

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その16 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる14 | Main | サッカー:クリスティアンはヘルサ・ベルリンは取り消し。 »

Comments

一般的にブラジルの店員さんって
「ありがとうございます」とは決して言わないものですが
マクドナルドでは言われましたね
とっても新鮮でした
さすが「世界の言葉、マクドナルド」

Posted by: セパ琢磨 | terça-feira, 31 de janeiro de 2006 at 12:21

マクドナルド、絶対高いです。私の周りにはそもそもマクドナルドなど選択肢に入っていない人ばかりです。月5~600レアルしか収入のない人が、たかがLANCHEに10レアル近く払えません。
しかも、日本の客あしらいを知っていると、あまりに客を待たせるので結構いらつきます。その分ますます高く感じます(笑)

Posted by: desclassificado | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 08:19

>セパ琢磨様
ブラジルでは、普通は「有り難う」は言いませんかね。
ほどほどに言うと思いますけど。
マックは、立て板に水でまくし立ててくるところは、マニュアル通りです。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 14:08

>desclassificado様
マックの価格で、もっと実質的に良いものが食べられますね。
それでも、ショッピングでは一番混んで列が出来ていますが、やはり子供はマックが好きなんでしょうね。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 14:16

初めてブラジルのマック(あるスーパー内の)に行ったとき、私的にはもっとほかのキビとかコシーニャとかポルキロとかいくらでも安くておいしいものがあるのにそっちの方はガラ空きで、なぜ洗脳されたようにマックに直行する人が多いのか不思議でした。 
ステータスなんでしょうか??

子供用のだって、ひどいものです。 そしていつも列、若い店員もいい感じはしませんし。
日本のマックの子供用のオマケのレベルの高さと値段を比べると、こちらのは劣悪で高いのが一目瞭然。 
どう見てもイタダケナイブラジルのマック。
ていうか、日本でもマックって好きじゃなかったんですけどね。。 どうせならモスバーガーとかの方がよし!

Posted by: dindinha | sexta-feira, 3 de fevereiro de 2006 at 00:39

>dindinha様
マックはどうしてあんなに高いんでしょうね。
それぞれ大した材料ではないのにね。
とくに週末は混んでいて、行くところではないですね。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 4 de fevereiro de 2006 at 00:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8441427

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル経済2006 その3 ビッグ・マック:

» 東京が14年間の首位陥落、これって喜ぶべき? [TIME ガイダンス-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し]
The end of an era as Tokyo becomes second costliest 【EIUへGO】 恒例になりました世界の物価比較。調査は、エコノミスト誌の調査機関EIU【GO】が手がけ、そのデータは希望とする都市を選択としての個別販売もなされています。この調査に関しては、日本語での紹介【GO】もありますので、ご参考になさってください。さて、最新の発表では、なんと、群を抜いていると思われた東京が、ついに首位陥落。ただ、私の個人的な感想では、14年間も首位... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 03:54

» 東京物価高世界一の座を14年ぶりオスロに渡す [Star Prince JUGEM]
千葉の老舗中華料理店が関東近郊の新規出店ブームで料理人を確保できず閉店というニュースを聞いたが、東京物価高世界一の座を14年ぶりオスロに渡すというニュースが。北欧の景気はよくノルウエーあだちさんのお話でも理解していたが、ノルウエーに限らず北欧はかなり依然から物価が高い。尾ロンドンも高い。欧州大陸のスイス以外とは昔から大きく異なる。ロンドン以外では人口と地理的条件が大きいと思うが、北欧英国はVATが高いですから。 日本全体が景気が好転し東京でも店が閉店したり開店したり新しいビルがどんどんできたり、例... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 17:11

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その16 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる14 | Main | サッカー:クリスティアンはヘルサ・ベルリンは取り消し。 »