« サッカー・サンパウロ州選手権 その17 コリンチャンス対ジュヴェンツス 観戦 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その6 放送コード2 »

domingo, 22 de janeiro de 2006

サッカー:サンパウロFCのロジェリオ・セニは療養中

サンパウロFCの正GKのロジェリオ・セニは、昨年12月の世界クラブ選手権の前に左膝を痛めていた。
それを押して、出場していたわけだ。
spd20060121i

今年になって、あらためて検査をした。
手術をするしないというようなことも言われていたが結局手術はしないことになった。
spd20060121j

しかし、6週間は理学的な治療にかかるということである。
だから、今は彼はサンパウロFCのトレーニングセンターで治療に勤めている。
spd20060121k

サンパウロ州選手権に出場しているのは、控えのGKボスコBoscoである。

ロジェリオ・セニは、3月1日のリベルタドーレス杯南米選手権のサンパウロFCの初戦前には戻ればよいと考えているようだ。

spd20060121l

このサンパウロFCのトレーニングセンターは、相当にレベルが高いというのか、スポーツ医療の権威がいるのかは知らないが、今ちょうどブラジル代表の2人がここでリハビリ中である。
spd20060121m

昨年9月に怪我をして、手術をしたベッチスのFWのリカルド・オリベイラ。
そして、DFのロッキ・ジュニオールである。こちらは昨年末にドイツから戻ってきた。

サンパウロFCは、ちょっと厄介者になっていたFWのヂエゴ・タルデリを昨年12月末にベッチスに放出した。
その代わりと言っては何だろうが、リカルド・オリベイラをほしがっているようだ。
ベッチスのリカルド・オリベイラの場所は、すでにヂエゴ・タルデリが埋めたわけだから、ベッチスは要らないのではないかと思っているようだ。
治療が終わるのは、予定では4月末。
どうなることか。

リカルド・オリベイラは、一刻も早く回復をして、6月のワールドカップには、ブラジル代表に復帰したいと強く願っている。
彼が戻れなければ、カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督はフレッヂもしくはニウマールでその穴を埋めるといわれている。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 その17 コリンチャンス対ジュヴェンツス 観戦 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その6 放送コード2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:サンパウロFCのロジェリオ・セニは療養中:

« サッカー・サンパウロ州選手権 その17 コリンチャンス対ジュヴェンツス 観戦 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その6 放送コード2 »