« ブラジルのカルナヴァルと、アガリクス | Main | ブラジル・サンパウロを、自由に走ることが出来るのは1月29日まで »

sábado, 21 de janeiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その16 コリンチャンス対ポルツゲーザ・サンチスタ 試合観戦

1月15日(日曜日)に、サンパウロのパカエンブー競技場で行われたサンパウロ州選手権第2節コリンチャンス対ポルツゲーザ・サンチスタ戦を観戦に行った。

今年、初めてのサッカーの試合観戦であった。

キックオフは18時10分なので、その時間はまだ十分に明るい。

ポルツゲーザ・サンチスタとは、サントスに本拠地を置くチームで、1917年設立という伝統のあるチームである。
サンパウロ市にあるポルツゲーザは1920年設立だから、ポルツゲーザ・サンチスタの方が歴史は長い。

一応応援する人たちもやってきていた。
サントスからやって来た人なのかどうか。
spd20060118l

試合中に、マルセロ・マットスが、アントニオ・ロペス監督の指示を聞きにやってきた。
spd20060118m

一番奥に見えるのが、ニウマール(この試合で3点を上げた)。
17番は、新加入のラファエル・モウラ(この試合で1点を上げた)。
手前は、19番のカルロス・アルベルト。
spd20060118n

8千人しか入っていなかったこの試合だが、いつものように応援組織ガヴィオンエス・ダ・フィエウの席は超満員。
やはり、ニウマールとラファエル・モウラとカルロス・アルベルト。
spd20060118o

試合中に、頻繁に水を飲むアントニオ・ロペス監督。
スタッフが、コップ状の容器に入った水を切らさないように気を付けて補充している。
spd20060118p

ポルツゲーザ・サンチスタの選手に指示を出す監督。
白人だった。
spd20060118q

手前から、DFのベトン、セバとSBエドゥアルド・ラチーニョ。
エドゥアルド・ラチーニョはまだ18歳だ。
良い選手だ。
spd20060118r

交替に備えて、ウォーミング・アップをしているエルトン19歳。
身長は公称158センチだ。
実際は156センチらしい。
spd20060118s

インターバルに、サンパウロ州選手権を主催しているサンパウロ州サッカー協会のエンブレムを広げていた。
spd20060118t

ニウマールが、エルトンからのクロスを頭であわせてゴールを決めたあとに、喜んでいる。
走ってくるのは、ラファエル・モウラ。
spd20060118u

MFのロヂネイ。
spd20060118v

交替させられて下がるセバ。
久しぶりに出場であったが、また痛めてしばらく療養となった。
spd20060118w

試合終了後に報道陣が輪を作ったのは、3点を決めたニウマール(手前)と、プロになって初めての得点をあげたエルトン(奥)である。
spd20060118x

それぞれ、インタビューを受けるニウマールとエルトン。
spd20060118y

ニウマール。
spd20060118z

まだまだ、ニウマール。
3点を上げてご機嫌だった。
spd20060118za

|

« ブラジルのカルナヴァルと、アガリクス | Main | ブラジル・サンパウロを、自由に走ることが出来るのは1月29日まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その16 コリンチャンス対ポルツゲーザ・サンチスタ 試合観戦:

« ブラジルのカルナヴァルと、アガリクス | Main | ブラジル・サンパウロを、自由に走ることが出来るのは1月29日まで »