« ブラジル・サンパウロの大富豪の豪邸でも侵入される | Main | サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 »

domingo, 29 de janeiro de 2006

ブラジル・サンパウロは「夏」 その22 1月28日

ブラジル・サンパウロの1月28日土曜日は、昨日に続いて終日曇り。

涼しい日であった。

19時くらいからは、弱い雨が降り始めた。
雷はなっていない。

ニュースを見ていると、リベルダーヂの東洋人街で、初めて中国の旧正月の祝典が開催された。
1週間くらい前から、これを告知する横断幕が街に掲げてあった。(すぐに外されたが。)

リベルダーヂ広場は、驚くほどの人出であった。
spd20060128m

そして、豪華さ。
spd20060128n

今でも、東洋人街では日本語の看板が多く、日本語が通じる店もあり、日本色が強いのは事実である。
参道ではないが、鳥居だってある。
街頭は、提灯の形をしている。

だが、昔日の輝きはとうに薄れている。

その一方で、凄い勢いで中国系の店が増えつつあるのは事実である。
それも、中国人が増えているのは、東洋人街だけではない。
今まさに、陸続とやって来ている中国人と、残り少なくなっている日本人の勢いの差を感ぜざるを得なかった。

10年もすると、鳥居も提灯も撤去されているのではないだろうか。
spd20060128k

|

« ブラジル・サンパウロの大富豪の豪邸でも侵入される | Main | サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8392134

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「夏」 その22 1月28日:

« ブラジル・サンパウロの大富豪の豪邸でも侵入される | Main | サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 »