« サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残る | Main | サッカー:ロマリオはアレックス・ヂアスは謝るべきだと思っている »

sexta-feira, 20 de janeiro de 2006

サッカー:アレックス・ヂアスの記者会見

所属するヴァスコ・ダ・ガマに対して、この月曜日に法的手続きをとったFWのアレックス・ヂアスAlex Diasが、1月19日の午前に、記者会見を行った。
spd20060120p

アレックス・ヂアスは、7回も「ファンを愛している」と言った。

アレックス・ヂアスは、ファンがどんな労働者でもするようなことを自分はしたことを理解してくれることを期待している。

「ファンに、自分の権利を求めただけであることをはっきりしておきたい。 心から愛している、そしてヴァスコに来たときから自分をとても良く受け入れてくれた、ファンに刃向かうものではない。 もし出て行くとしても全てのファンを愛し続ける」と、アレックス・ヂアスは言った。

アレックス・ヂアスは、昨日の試合で、ファンから罵声を浴びた。

「ファンが、状況を知らないのは良くない。 役員の側からだけ聞いている。 欧州やブラジルの色々なクラブでプレしてきた。 他のどのファンともこのような関係は持てなかった。 クラブを愛しているだけにファンがとても傷ついているのは理解している。 ファンが自分を応援してくれるファンだけになれてしまっていただけに悪かった」と、アレックス・ヂアスは言った。


アレックス・ヂアスは、ヴァスコ・ダ・ガマのアイドルに戻る薬を知っていると言った。

「ファンが忘れるようなゴールをする。 ファンを愛している。 ファンに自分を見せてきた。 今、自分に怒っているファンがまた新たに自分の側に来るように期待している」

------------------------------
相当、脅迫されているのだろうと想像する。

|

« サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残る | Main | サッカー:ロマリオはアレックス・ヂアスは謝るべきだと思っている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8246612

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:アレックス・ヂアスの記者会見:

« サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残る | Main | サッカー:ロマリオはアレックス・ヂアスは謝るべきだと思っている »