« サッカー:アツレチコ・パラナエンシの監督候補にトニーニョ・セレーゾ | Main | サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 »

sexta-feira, 6 de janeiro de 2006

サッカー:カフーがサンパウロFCに復帰

今朝1月5日のスポーツ紙などに掲載されていたのだが、「カフーとルガーノを、サンパウロFCとミランが交換」というのがある。

サンパウロFCは、レアルマドリに出て行ったシシーニョの代わりを探している。
シシーニョは言うまでもなくブラジル代表の右SBであるが、そこに長らく君臨しているのがカフー35歳である。

シシーニョの代わりが、カフーなら「衰えて来つつあるとは言え、最高で」ある。

そして、ミランはDFを必要としていて、ウルグアイ代表のルガーノに関心があるという。
2006年のワールドカップに出場しないウルグアイ代表なので、ルガーノにしてみればいつでもミラノには行けるだろう。

イタリアの新聞"Gazzetta dello Sport"が、カフーがブラジルに戻りたがっていて、ルガーノの交渉に関連していがっていると報じた。

「今でも、7月でも」とカフーは言ったとある。
カフーは、父親が病気で、もう少し家族といることを許可されて、まだミラノに戻っていないと言う。

シシーニョが出て行ったあとに、サンパウロFCはアンデルソン・リマAnderson Limaを考えていたが、諦めた。そして、ムリシー・ラマーリョ新監督Muricy Ramalhoが名前を挙げたエルデル・グランジャÉlder Granjaが候補になっている。

カフーは、ブラジル代表の絶対的な正選手であるが、ミランでの地位は失いつつある、それがブラジルへの復帰ということにもなっている。 カフーは控えにいることもあり、ミランはすでに代わりの選手を捜している。

取引が固まってからだろうが、サンパウロFCは2006年のリベルタドーレス杯南米選手権の後でなければルガーノを出すようなことはない。

「サンパウロFCのどの選手も交渉は出来ない。しかし、今年の後半になれば決定は変わる。 最高の選手を保持してやる」FCのマルセロ・ポウツガウ・ゴウベアMarcelo Portugal Gouvêaは言った。

-----------------------
カフーは、2006年のワールドカップに出場すると、4大会連続出場となる偉大な選手である。

年末から休暇で戻っているときに、別荘でのインタビューを受けていた。
「いつかは、ブラジルに、それもサンパウロFCに戻りたい」と言っていた。

その日は、近いのかな。

|

« サッカー:アツレチコ・パラナエンシの監督候補にトニーニョ・セレーゾ | Main | サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8028462

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:カフーがサンパウロFCに復帰:

« サッカー:アツレチコ・パラナエンシの監督候補にトニーニョ・セレーゾ | Main | サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 »