« サッカー:エヂムンドがレオンに馴染んできた。 | Main | サッカー:ルイゾンの将来 »

quarta-feira, 18 de janeiro de 2006

ブラジル・サンパウロで日系人一家5人が殺される その8 刑期は165年

裁判所は、1月17日火曜日に、昨年9月にサンパウロ市東部で起きた日系人一家5人を殺した犯人の警備員リカルド・フランシスコ・ドス・サントスに、165年の刑を言い渡した。

告訴によると、リカルドと仲間のセルソ・アレンカール・ドス・サントスは、家で強盗をしている間に、犠牲者に拷問をし、殺した。
わずかに2人が生き残った。

9月10日の夜に家に侵入した。2人はファッチマ・ヨネクラFátima Yonekuraと、その兄弟のウィリアム・ヨネクラWillian Yonekura、更にその妻のエリカ・ヨネクラÉrica Yonekuraが日本で働いて持ってきた米ドルを求めた。

家族はリカルドとセルソに5千米ドルを持ってきた。 満足できず、家族を撃った。 そして家に火を付けた

エリカと、ファッチマ、そして両親のタダシ・ヨネクラTadashi Yonekuraとフタバ・ヨネクラFutaba Yonekura、そして兄弟のニウトン・ヨネクラNilton Yonekuraが死んだ。

殴られたが、ウィリアム・ヨネクラは生き残った。 そして車の中で撃たれて死んだ母親の腕の中で見つかった、彼とエリカの、生後11ヶ月の子供も生き残った。

裁判官のペドロ・ルイス・アグィレ・メニンPedro Luiz Aguirre Meninは、彼の仲間に無理矢理参加させられて、犠牲者を撃ったり、叩いたりはしていないというリカルドの弁明を認めなかった。

裁判官は、警察の調書にある、2人の強盗が家族を撃ち、2人が火を付けた責任があるという情報を元にした。

リカルドは元々家族を知っていて、強盗の最中に知られてしまった。 
共犯だったセルソ・アレンカール・ドス・サントスCelso Alencar dos Santosは、警察の捜査の中で昨年11月に死んだ

165年の刑といっても、ブラジルの法律で、リカルドは最大30年で刑期満了となる。

------------------------------
刑事上の決着は、一応このようになった。

|

« サッカー:エヂムンドがレオンに馴染んできた。 | Main | サッカー:ルイゾンの将来 »

Comments

御無沙汰しております、itokenです
不本意ながら別設営のブログと御存知「Amigos de ITOKEN 」とを1つにまとめ、URLも変更となりました
ハンドル名「セパ琢磨」を名乗りますが
今後ともヨロシクお願い申し上げます

Posted by: セパ琢磨 | quinta-feira, 19 de janeiro de 2006 at 11:24

>セパ琢磨様
ブログは一つにしないと運営は大変ですよね。その分、内容が散漫になる嫌いはありますけどね。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 20 de janeiro de 2006 at 13:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8229924

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロで日系人一家5人が殺される その8 刑期は165年:

» サンパウロ出稼ぎ一家5人強盗殺害放火事件 [今を生きる+A]
拙ブログでも速報のみをお伝えしました「サンパウロ出稼ぎ一家5人強盗殺害放火事件」 [Read More]

Tracked on quinta-feira, 19 de janeiro de 2006 at 11:20

« サッカー:エヂムンドがレオンに馴染んできた。 | Main | サッカー:ルイゾンの将来 »