« サッカー:ロマリオが練習に現れる | Main | サッカー:エヂムンドからアルコール検出 その2 »

sexta-feira, 6 de janeiro de 2006

ブラジル・サンパウロは「夏」 その11 1月6日

1月6日金曜日、最初の週が終わりつつある。

でも、まだ市内の車は少ない。
市内中心部では、どこに行くにもすいすい行ける。

みんながみんな休暇を取っているわけでもないはずなのだが、車を運転するクラスの人たちがちょっといないだけでこんなにも違うのかと驚いてしまう。

かつて、サンパウロの事業所では「ボーイ」という少年達を何人抱えていた。
ボーイはもちろん英語のBOYから来ている。
彼らは、要するに書類運びのために雇われていて、バスや地下鉄などに乗って、書類をただ持っていったり、その書類にサインをもらって帰ってきたり、郵便局に行って郵便を出したり、そういった雑用を行っていた。
郵便より急ぐときに、使っていたわけだ。
だが、バスなどで行くので、市内のはずれに行く場合などは、1日に1回か2回しか使えなくて、ときにはそのまま戻ってこないこともあった。
何とも効率の悪いことであったが、古き良き悠長な時代だからあり得た話である。

彼らに対する給料は安かった。
でも、彼らは、夜学に行く費用をこうやって稼いでいたのである。
こういうことをして学費を稼ぐことは、普通のことで当たり前に行われていた。

今、このようなBOYはもう消えてしまったかのようである。
だが、ファクシミリが普及し、メイルを使うようになっても、携帯電話でどこでも捕まえることが出来るようになっても、実際にサインを必要とする書類などが無くなるわけはない。

いまは、効率の悪いBOYではなくモトボーイMOTOBOYというのが、市内を走り回っている。
これは、つまりバイク便のことである。
BOYというには、かなり年齢が違うMOTOBOYだが、渋滞の道路でも、車の間を縫って走っていく。
車のドライバーの間では、彼らの運転ぶりはとても評判が悪い。
クラクションを鳴らし放しで走り、道を空けない車をけっ飛ばし、悪態をついて、走り去っていく。

その分、事故も多く、毎日毎日彼らが路上に倒れているのを見ることが出来る。

そのモトボーイが、いま街をほとんど走っていないのである。
いかに業務が実質的に始まっていないかということである。
モトボーイの顧客達には、彼らを必要とするような危急の業務がまだ無いということだ。
もしくは、事業所で決定権を持つ階層の人がまだ休暇を取っているかだ。

ともかくも、そのモトボーイがほとんどいない道路は更に走りやすい。

今日のサンパウロは、雨は降らなかった。
ほとんど雲に覆われていたのだが、降らなかった。
気温は27度くらい迄上がった。

18時過ぎに、雷がなったのだが、結局雨は降らなかった。

今日で、ナタウ(=クリスマス)は終わり、飾りを撤去する日である。

|

« サッカー:ロマリオが練習に現れる | Main | サッカー:エヂムンドからアルコール検出 その2 »

Comments

ガウボンブエノのサンジョアキン方面にもバイク便らしき
オニーチャンがたむろしてるとこありますね
実は私おとといまでサンパウロにいましたw
またちょくちょく遊びにきます

Posted by: マカ | sábado, 7 de janeiro de 2006 at 00:28

>マカ様
バイク便が多くたむろしているのは、業務地区とか業務ビルの周辺です。
ガルボンブエノはそれほど業務街でもないし、特に大きな企業があるところでもないと思いますが、いますか。
リベルダージ大通りならば、一番セントロに近い方の脇道にいつも沢山(百台くらい)いるところがありますけどね。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 8 de janeiro de 2006 at 03:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8042571

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「夏」 その11 1月6日:

« サッカー:ロマリオが練習に現れる | Main | サッカー:エヂムンドからアルコール検出 その2 »