« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その1 パルメイラスの選手登録 | Main | サッカー:エーメルソンが捕まった »

terça-feira, 24 de janeiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その20 パルメイラスのレオン監督とエヂムンドが揃って裁判所へ召喚へ

エヂムンドはまあ当然としても、エーメルソン・レオン監督まで、サンパウロ州サッカー協会のスポーツ裁判所に召喚されそうだ。

でも、エーメルソン・レオン監督は、昨年のブラジル選手権第41節の対インテルナオナウ戦で「審判に対して悪態をついて」退場となり、あげくにCBF(ブラジルサッカー協会)のスポーツ裁判所の決定により、その次の試合にはグラウンドにも入れなくて、グラウンドを見下ろすビルの窓から試合を覗いていたことがあった。
spd20051208n

発端は、昨日1月22日に行われたサンパウロ州選手権の対マリリア戦での、エヂムンドの「手」によるゴールだ。
spd20060122a

一旦は、主審がゴールを宣した。

しかし、線審の1人が異議を申し立てて、改めて主審はゴールの無効を宣した。
この線審は、ゴールから離れたところにいて、主審ももう1人の線審よりも遠くて、どうしてわかったのかという疑惑がある。

これに対して、
試合後に、エヂムンドがインタビューに答えて、「線審にテレビのスタッフが教えた」と言った。
spd20060122c

レオンも、「自分は手を使ったどうかは見ていない。わからない。 手を使っていたら、イエローカードを受けることはかまわない。 だが、外の人間が審判に影響を与えるのはどうか」と言った。
spd20060122b

その線審自身は、「自分で判断した」と、インタビューに答えている。
spd20060122y

このテレビ局は、当然ブラジル最大のメディアのGLOBOである。
番組を使って、大反論する。

ビデオテープを起こして、「その時」線審の近くには、テレビのスタッフなんかいなかったとして映像を流す。
spd20060122i

更に、試合直後のインタビューで、どうしてエヂムンドがそういうことをいうのだと、誰がそういう情報をエヂムンドに流したのかとか、まあ「マスコミ」の恐ろしさはどこでも同じである。

こういうエヂムンドとエーメルソン・レオン監督の発言が、審判への非難としてその尊厳を失わせることとして、二人して「スポーツ裁判所」に呼ばれることになるという。

この「呼び出し」を報じたのも、GLOBOの傘下のスポーツ・チャネルである。

-------------------------------

エーメルソン・レオン監督と同じ立場に立てて、エヂムンドも嬉しいだろう

|

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その1 パルメイラスの選手登録 | Main | サッカー:エーメルソンが捕まった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8314750

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その20 パルメイラスのレオン監督とエヂムンドが揃って裁判所へ召喚へ:

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その1 パルメイラスの選手登録 | Main | サッカー:エーメルソンが捕まった »