« サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 | Main | ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その8 »

sexta-feira, 6 de janeiro de 2006

サッカー:エヂムンドからアルコール検出

ブラジルのサッカー史上、現役で最大の問題児は言うまでもなくエヂムンドだ。

何しろブラジルでも、「アニマル」という称号を付けて呼ばれている。
(英単語をつかって、アニマルと言われている)

エヂムンドは、2004年にフルミネンシと喧嘩として飛び出して、2005年の初めは浪人中であった。
(2004年は、ロマリオと一緒にいたところが凄い。)
ノヴァ・イグアスNova Iguacuというリオ・デ・ジャネイロ州の2部リーグに拾ってもらっていたが、そこは名選手。
フィグェイレンシに移籍し、15得点をあげている。
2005年ブラジル選手権の最優秀選手の候補にもなった。
2005年のシーズン後にフィグェイレンシFigueirenseから、パルメイラスPalmeirasに移籍した。
パルメイラスへは10年ぶりに戻った。
エヂムンドがいた頃のパルメイラスは強く、1993年と1994年はブラジル選手権を制している。
ファンはそれを覚えているから、大歓迎である。

しかし、現在のパルメイラスの監督は、規律に厳しいエーメルソン・レオン。
spd20060104p

そのエヂムンドが、パルメイラスに移籍する前の、12月19日の夜に車を運転中に警察の検問で一悶着をおこした。
窓を開けて、書類を見せるというのに、見せなかったりして、結局警察署で朝まで取り調べを受けた。
このニュースは、当然「あのエヂムンドのおもしろニュースとして」、警察からでてくる映像などが報じられた。

レオンは、その後の記者会見でこれを十二分に皮肉っていた。

「エヂムンドはまだ、牢屋にいるのかな」なんて言って、記者の笑いをとっていた。
「契約前だから、自分には関係ないが、自分のところに来てからではそうはいかない」と、釘も刺していた。

エヂムンドは、今のところおとなしく年末からの練習に参加しているし、合宿にも行くという。
spd20060104l

そのエヂムンドが、警察でアルコール検査を受けていた。
リオ・デ・ジャネイロの法理学研究所IML (Instituto Médico Legal)での検査結果、法定以上のアルコールが堅守とされていたと、新聞Jornal Nacionalに報じられた。
エヂムンドの弁護士は、来週再検査をする様に動いているという。

エヂムンドは、警官侮辱と酒酔いで、警察に連れて行かれていた。
もし、アルコールが検出されると、運転免許carteira de habilitaçãoが取り消されるという。

また、新たなエヂムンド伝説が生まれつつある。

----------------------
ブラジル代表としても、40試合に出場し、8得点をあげている。
名選手である。 34歳。

|

« サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 | Main | ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その8 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8029248

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:エヂムンドからアルコール検出:

« サッカー:アモローゾが、コリンチャンスに接触。 | Main | ブラジル・サンパウロに「球形の木」 その8 »