« ブラジルのテレビのシステム | Main | サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残らない »

segunda-feira, 23 de janeiro de 2006

サッカー:ロマリオは3得点

ロマリオRomárioは、9ヶ月半に渡る改造工事での閉鎖を終えて、再開場したマラカナMaracanãで、活躍した。

ロマリオは、3ゴールを決めただけではなく、ほかにもに惜しいのが3つもあった。
このシーズンで最もよい状態であった。

しかし、ほとんど役に立たなかった。
ヴァスコ・ダ・ガマは、この日曜日(1月22日)のリオ・デ・ジャネイロ州選手権の第3節のボタフォゴBotafogo戦で5対3で敗れた。
(つまり、ヴァスコVascoの得点の全てはロマリオがあげていることになる)

ロマリオのゴールは、後半である。
これによって、ヴァスコは同点に追いついた。
しかし守備のミスは、決定的であった。
「20060122CC-Vasco.wmv」をダウンロード

「チームの集中力が足りない。 少なくとも引き分けでグラウンドを去りたかった。 自分のゴールは何も役に立たなかった。」

ロマリオは、ボタフォゴ戦を38試合戦い31ゴールを決めている。
それの他に、ロマリオの計算では生涯ゴールは947ゴールとなった。
2006年は、5試合で6ゴールを決めている。

「両方のチームにチャンスはあった。 ボタフォゴがより良くやったし、ゴールした。」と、ロマリオは締めた。
spd20060122o

------------------------------
3ゴールのうちの1ゴールはPK。
その他の2点も、アレックス・ヂアスからの球出しが秀逸。

もちろん、ロマリオのいる位置が絶妙であったりするわけである。
円熟。

金曜日に続き土曜日も練習に参加しなかったのが良かったのかも知れない。

|

« ブラジルのテレビのシステム | Main | サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残らない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオは3得点:

« ブラジルのテレビのシステム | Main | サッカー:グラフィッチは、サンパウロFCに残らない »