« サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その14 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる12 »

domingo, 29 de janeiro de 2006

ブラジルの「人命救助」

毎日毎日、ブラジルのニュースを見ている。

殺伐としたニュースも多いのだが、中には演出無しの良い映像もある。

今日、ブラジルのミナス・ジェライス州のある池で、1人の女の赤ちゃんが救助された。
spd20060128l

池から、何か声がするのに気がついた人がいた。
spd20060128j

1人では、無理なので近くの博物館のガードマンに手伝ってもらった。

そこに、アマチュアのビデオカメラを持った人がいて一部始終をとらえていた。

木材に、ゴミ袋が結びつけられていた。

棒で、岸の方にたぐり寄せる。
spd20060128p

「猫」かもしれないなんて言っていた。

岸に寄せて、「子供だ」。
spd20060128q

そして、あわてて拾い上げて、もっていく。

そして、袋を開けてみると「赤ちゃん」がいた。
spd20060128r

この赤ちゃんは、病院に連れて行かれたが、大丈夫だそうだ。
生後2ヶ月くらいだそうだ。
spd20060128s
spd20060128t

この子供を捨てたのかどうかなどもわからないし、母親はわからないという。
「20060128JN-Nene.wmv」をダウンロード

こういう映像が流れることもあるブラジルである。

|

« サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その14 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる12 »

Comments

見ました、この映像。 そういえばこんなニュースの映像は日本では流れないですかね。
なによりも生きていて良かった!!
死んでいたらしゃれになりませんもん。
赤ちゃんはどこへ行き着くんでしょうか?

Posted by: dindinha | domingo, 29 de janeiro de 2006 at 22:37

>dindinha様
全国からもの凄く養子の申し込みが殺到しているようですね。
でも、実の母親が見つかったんですよね。
言い訳をしていたけど、あのレベルの人のことばは解読が難しいです。
よくわかりませんでした。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 30 de janeiro de 2006 at 01:02

このニュース、今日、日本でもTVで流れていました。
発見されて袋から取り出されるところ、そして、救助した人のインタビューが放映されていたましたが、実の母が見つかったという話は出ていませんでした。
イイワケをして、それで罪にならないことになったのでしょうか?
実の親が見つかったとしても、そのような親では、、、。
子供は、シアワセになる親のもとで育てられたほうがいいような気がします。

Posted by: maria do brasil | segunda-feira, 30 de janeiro de 2006 at 06:12

>maria do japao様
この話は、どんどんと面白い方向に広がっています。
登場人物が増えてきています。
乳児は眠っているだけでしょうけど。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 at 13:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8397013

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「人命救助」:

« サッカー:ロマリオの30代最後の公式戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その14 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる12 »