« サッカー・サンパウロ州選手権 その23 コリンチャンス、大勝。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その15 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる13 »

segunda-feira, 30 de janeiro de 2006

サッカー:エヂムンドとレオンが、ゆっくりと近づき始めた。

少しだけ、パルメイラスPalmeirasでエーメルソン・レオンEmerson Leão監督とFWエヂムンドEdmundoが近づき始めた。

木曜日(1月27日)の会議で、2人は自由に会話した。 そして結論はこの土曜日にサンパウロ州選手権の第5節の、地元のパレストラ・イタリア競技場で行われたPalestra Itáliaポルツゲーザ・サンチスタPortuguesa Santista戦にパルメイラスが4対0で勝ったことで見ることが出来る。
「20060128CP-Palmeiras.wmv」をダウンロード

「会議では沢山話した。 彼は直接に自分に話した。 独裁者レオンがしっかりと選手と話したが沢山ではない。 それは仕事だ。 彼は100%を要求する。でも優しく。 その会話は自由である。 自分たちにとってはここで試合をする方がもっと簡単である。 しかし少しだけ家族のようになってきた。 グループはとても良い」と、エヂムンドが漏らした。

エヂムンドEdmundoは、選手の交代が会話のテーマの一つだったと覚えていた。 エヂムンドは今までの5試合では全て交替させられてきたが、ポルツゲーザ・サンチスタPortuguesa santista戦は初めて90分間フル出場した。

「自分は、試合をして信頼をしてもらう必要がある。 もし試合がとても押されていて、一度でもエラーをすると、すべてがとても難しくなる。 彼は自分をはずしたくはないし、自分が良いプレイをするのを見たいと言った。 全て信頼することはないまでも、自分を助けた。 ポルツゲーザ・サンチスタ戦では自由にプレイしたし、良かった」と、エヂムンドは言った。

-------------------------
ブラジルのマスコミが、いつエヂムンドとエーメルソン・レオン監督がぶつかるかを楽しみにしているのは間違いない。

-------------------------
その、パルメイラスは1月29日日曜日の便で、ベネズエラにリベルタドーレス杯南米選手権の試合のために出発するはずであった。

しかし、何度も出発時刻が変更されて、5時間空港で待ったあげくに、飛行機はキャンセルとなった。
月曜日の12時55分に出発予定。

このためにパルメイラスの現地での予定は大幅に変更を余儀なくされた。
当初の予定では、カラカスに到着後に海岸沿いのヴァレンシアで過ごすはずであったが、直接に試合のあるサン・クリストバルに入ることになった。

カラカスは、海岸から離れた谷間状の高原都市で、空港は海岸沿いにある。

1月24日にサンパウロで行われた試合では、パルメイラスはタチラを2対0で破っている
それで、今度の試合では1点差の負けまでは確実にパルメイラスの勝ち残りとなる。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 その23 コリンチャンス、大勝。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その15 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる13 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8415822

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:エヂムンドとレオンが、ゆっくりと近づき始めた。:

« サッカー・サンパウロ州選手権 その23 コリンチャンス、大勝。 | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その15 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる13 »