« ブラジルの「人命救助」 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その22 第5節終了 »

domingo, 29 de janeiro de 2006

ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その14 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる12

カルナヴァウまで、あと29日(本当のカルナヴァルは2月28日火曜日)。
ブラジル最大のGLOBOは、リオ・デ・ジャネイロのデスフィリ=パレード)も、サンパウロのデスフィリも生中継する。
すでに紹介しているのだが、GLOBOの全国向けのスポットは、とてもいい。

加えて、サンパウロ向けには、サンパウロの各エスコーラ・ヂ・サンバの2006年のエンヘード(テーマ曲)が流されている。
(サンパウロでは、リオ・デ・ジャネイロのエンヘードは放送されていない。)

サンパウロのカルナヴァウのデスフィーリは、2月24日と25日にサンボードモで行われる。

"Camisa Verde e Branco"というエスコーラ・ヂ・サンバである。
「20060117Carnaval-Camisa.wmv」をダウンロード

歌詞である。

Das Vinhas aos Vinhos. Do Profano ao Sagrado, Uma Viagem ao Mundo do Prazer com o Néctar dos Deuses
(Leonardo Trindade, Rodney Cheto e Marcinho Kéleque)

Sou verde e branco, eu sou
Semente da raiz
Celeiro do samba, berço de bamba
Meu cantar é mais feliz

Revivendo a história
Das vinhas ao vinho, viagem ao prazer
Na Grécia a um cortejo apresentou
Mostrou magia, por onde passou
Deus Dionísio propagou a vinicultura
Turcos, fenícios e as civilizações
Do fruto extraíram a bebida
Presente nas festas dos reis
Profano em sua monarquia
E a religião o consagrou
Da água para o vinho, a transmutação
Grande aliança entre os irmãos
Caminho da paz e da união

Tomai, eis o meu sangue sagrado
Bebei, pra remissão dos pecados
A benção do eterno salvador
A esperança de viver com mais amor

Néctar dos deuses, seu sabor vou desvendar
Da Europa ao Brasil
Na trajetória das mudas ao plantil
Volto às quintas no horizonte
Sigo os passos do imigrante
Pioneiro lá do Sul

Pra comemorar
Seja do Porto, espumante ou rosê
A Barra Funda ergue a taça
E brinda o ano novo com você!

|

« ブラジルの「人命救助」 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その22 第5節終了 »

Comments

今年もやってきましたね、カーニバルシーズン。

さて、記事リクエストですが、最近よく州知事ALCKMINの奥さんが記事によく取り上げられていますが、私は雑誌ぐらいしか見たことないんで、なんかうさーん臭く感じてしまうんですが、実際はどうなのでしょう?
もしかしたら、理念に筋がバシッと通っていて、バリバリ仕事をこなすやり手サンなのかもしれませんが、雑誌の写真からのイメージではいつまでも少女の心を持ち続けているような女優松原智恵子のようなイメージがあります。
政党グループのイメージアップに彼女の顔が使われ、「困っている人を助けている」という気分に浸っているだけに見えますが・・・。

Posted by: LUANA | domingo, 29 de janeiro de 2006 at 16:45

>LUANA様
リクエスト大変有り難うございます。
難しいですけど。
アルクミン自身は医者で、あの政党の候補になろうというのですから、本人も一族もそれなりだと思います。(彼は名前からすると、アラブ系なんでしょうかね。)ですから、夫人もそこそこの家の出身であることは間違いないと思います。 冬にやっていた「不要な服の回収運動」をやっていた財団のトップは彼女でした。
(お飾りかもしれませんが。)
これから気にして、調べておきます。
しかし、このところ毎日知事と市長がニュースに出て来ますね。
ところで、大統領夫人はどう考えてもその辺のおばさんのような。 あのアパートはご近所ですか。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 30 de janeiro de 2006 at 00:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8393136

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その14 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる12:

« ブラジルの「人命救助」 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その22 第5節終了 »