« サッカー:ロマリオは練習に現れず | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その6 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる5 »

sábado, 21 de janeiro de 2006

サッカー:エヂムンドのユニフォームは売り切れ。

パルメイラスの大ファンが店に押しかけた。
この3日間で、ADIDASによって制作されたユニフォームで、エヂムンドEdmundoの使っている番号を付けた物は無くなった。

ほとんどの店では飾ってあるものまで無くなった。発注していたストックまでもなくなった。
商売人の間では、隠れて売っていると言われている。

アディダスは商品が供給され始めたこの火曜日から何枚のユニフォームが売れたのかは知らない。
しかし、もうこれ以上は7番はなし、いつ店頭にやって来るのかわからないが縫製の準備をしていると確認した。

番号が9番、10番、11番でも良いならば139。0レアルで、番号がないものは129.90レアルである。

たとえば、パルケ・アンタクチカにあるパルメイラスのオフィシャルショップは、火曜日に再開したのだが、350枚のシャツ(すでに予約されていた7番は含まない)を受け取っていたのだが、水曜日の夜のサン・ベント戦の前までに300枚を販売していた。
23,440人のなかの多くが、登録商標の、ちょっと色が濃い緑のユニフォームを着用していた。

アディダスだけがこの販売の大成功を祝っているのではない。
パルメイラスは、アディダスがパルメイラスのマークの付いた製品を売った金額の8%を受け取る権利を、契約により、持っている。

支払いは、3年契約の、それぞれの年の終わりである。
いかなることがあってもパルメイラスが受け取ることが出来る最低の金額は、約80万ユーロである。
これを超えたときに、8%を受け取ることになる。

パルメイラスは、ロイヤルティ、タイトル取得料、用具提供などの条件で、28千万ユーロでアディダスと3年契約をした。

|

« サッカー:ロマリオは練習に現れず | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その6 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:エヂムンドのユニフォームは売り切れ。:

« サッカー:ロマリオは練習に現れず | Main | ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その6 テレビもそんな雰囲気を盛り上げる5 »