« ブラジルのカルナヴァウ その1 サルヴァドールのYuka-chan | Main | ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その28 ジャヴァリ »

sexta-feira, 27 de janeiro de 2006

サッカー:3世のロドリゴ・タバタは、「ノン セイ」

日本人の孫である、ロドリゴ・タバタRodrigo Tabataは先週の日曜日に行われた対マリリアMarília戦で、サントスSantosでデビューした。
アジア人または子孫と使うというサントスの多分伝統を引き継いで。

ただ一つ違うのは、ロドリゴ・タバタは昨年はブラジル選手権で3位になったゴイアスGoiásにいて優勝を目指していた。
これは、カズKazu、マエゾノMaezono、スガワラSugawaraがサントスでなしえなかったことだ。

もし控えにしたとして、試合でるようにファンが求めたとしても、マエゾノがサントスにいた1998年には使えるという声を聞くことだ出来ただろうか。
「一、二、三。 日本人を入れろ」

サントスにいた前のSAMURAIの中で、最も良かったのはカズだった。
問題は、彼が輝いていたのは80年代の終わりであった。
そのころのサントスには一連の技術的な限度があった。

ロドリゴ・タバタは、子孫ということを気に掛けていない。
サッカーについて知りたいだけだ。
日本語で「孫」を何というかさえも知らない。

「三世もしは二世。 知らない。"ノァン・セイnão sei"」といい、以前のSAMURAIのような冗談を繰り返した。
日本人の孫は3世という。

-------------------------------
多分、ロドリゴ・タバタに期待した一文だと思う。

しかし、日本人から見ると、日本語がほとんどわからない3世となるとブラジル人としか思えないのだが、ブラジルではまだ「日本人」という範疇に入っているのである。
まだ、「日本人」はブラジル社会ではちょっと別枠扱いということか。

|

« ブラジルのカルナヴァウ その1 サルヴァドールのYuka-chan | Main | ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その28 ジャヴァリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8361076

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:3世のロドリゴ・タバタは、「ノン セイ」:

« ブラジルのカルナヴァウ その1 サルヴァドールのYuka-chan | Main | ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その28 ジャヴァリ »