« サッカー:エヂムンドが悪いイメージを消すようにつとめる | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その15 第3節終了 »

quinta-feira, 19 de janeiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その14 コリンチャンス対ジュヴェンツス

今日(1月19日)20時30分から、パカエンブー競技場で、サッカー・サンパウロ州選手権の第3節コリンチャンス対ジュヴェンツス戦が行われる。

今日のサンパウロは、やや雲が多かった。
気温もやっと30度に行くかどうか。
その代わり、やや湿気が多かった。

15時過ぎには、雲が空に広がり始めた。
いくつもの入道雲が見える。

16時半には、雷の音が遠くから聞こえ始めた。
spd20060119a

そして、17時になって、ぽつぽつ始めたら、すぐに大雨になった。

坂道を、雨水が滝のように流れる。

ちょっと土地が低いところには、その水が溜まった。
spd20060119b

強い雨は18時過ぎまで続いた。
19時には気温は、20度に下がった。

そして、19時35分今も完全には止んではいない。

平日だし、雨もあったので、競技場周辺の人の動きはあまりない。

20時を過ぎて、雨が止んでいた。

だが、19時半くらいからはちょっとだけざわめいてきた。

20時10分過ぎには、出かけようと思う。
雨具を持って。

------------------------------
意外と入っていたパカエンブー競技場。

1万3-4千人はいたのではないか。
試合が始まっても、まだ入ってくる人がいた。
(クリックすると拡大する)
spd20060119c

(コリンチャンスの先発メンバーと控え)
spd20060120q

spd20060120r

(ジュヴェンツスの先発メンバーと控え)
spd20060120s

spd20060120t

試合の結果は、コリンチャンスが2対1で勝った。

インターバルの間に、片側の照明が全部消えた。
電気で節約かと思っていたのだが、今までは一度もそういうことはなかった。
だいたいブラジルの試合ではインターバルは20分はある。
しかし、それを過ぎても、証明が全部再点灯しない。
徐々に点いていったのだが、全部ではなかった。

結局、インターバルは35分くらいになった。

後半3分に、エルトンからの左からのクロスをラファエル・モウラが頭できめて、コリンチャンスが先行した。

だが、後半37分にジュヴェンツスに追いつかれた。

嫌な雰囲気になったが、後半47分に再びラファエル・モウラが頭で決めた
spd20060120v

これで、試合は決まった。

延長時間5分で、丁度50分で試合は終了した。
ジュヴェンツスの選手が、審判に短いと文句を言っていたようだが、実際に50分だったのだから仕方がない。

しかし、コリンチャンスは中盤の選手がどれも今ひとつ。
特に、カルロス・アルベルトは、ただ走っているだけ。

リカルヂーニョのコリンチャンスへの復帰が今日正式に発表になったし、怪我で戦列を離れているロジャーの回復も近いわけで、これからMFのポジション争いが熾烈になるだけに、しっかりしないと駄目である。

|

« サッカー:エヂムンドが悪いイメージを消すようにつとめる | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その15 第3節終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8243070

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その14 コリンチャンス対ジュヴェンツス:

« サッカー:エヂムンドが悪いイメージを消すようにつとめる | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その15 第3節終了 »