« サッカー・サンパウロ州選手権 第2節終了 | Main | サッカー:テベスの代理人が語る。 »

domingo, 15 de janeiro de 2006

サッカー:ルイゾンは、サンパウロFCに戻りたい。

ルイゾンLuizãoは、サントスから侮辱されて出て行くわけではないと言った。
ルイゾン30歳は、クラウヂオ・ピッツブルCláudio PitbullとジオヴァーニGiovanniとともに、この土曜日1月14日にサントスから捨てられた

「自分は昨年からこれを期待していた。 新しいことではない。 人生は続く、出来るだけ早く自由になることを期待している。 それから将来を考えたい。 侮辱されたわけではない。 彼らの権利である」と、この日曜日に語った。

「ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は品位のある人であった。 別に自分を呼んだ。 難しい決断を話した。 彼は自分を息子のように考え、自分は父親のように考える」と、ルイゾンは付け加えた。

ルイゾンは、昨年9月にサントスにやってきた、2005年にサンパウロ州選手権とリベルタドーレス杯南米選手権で優勝というサンパウロFCで成功したようには出来なかった。
6試合に出場し、4試合は出場停止で、ゴールできなかった。

ルイゾンの将来はサンパウロFCだろう。 すでにサンパウロの役員と接触していると言っている。

サンパウロFCの社長のマルセロ・ポルツガウ・ゴウヴェアMarcelo Portugal Gouvêa, presidenteによると、契約について決定をする前にムリシー・ラマーリョ監督Muricy Ramalhoとこの件について話をするということである。

「社長のマルセロ・ポルツガウ・ゴウヴェアと話をした。 もしサンパウロFCが受け入れたいならば、自分もそうだ。
いつも自分を丁寧に扱ってくれたサンパウロFCに感謝している。 雇ってくれること無しに、戻ることがないのは当然だ。 自分の希望はサンパウロFCにいることである」と、ルイゾンは語った。

------------------------------
クラウヂオ・ピッツブルについては、フルミネンシが触手を伸ばすようだ。
フルミネンシは、FWを探している。

更に、昨年もフルミネンシはクラウヂオ・ピッツブルに打診をしていたという。
その時は、クラウヂオ・ピッツブルはサントスにいたいと言ったという。
リオ・デ・ジャネイロの治安について、恐れていた。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 第2節終了 | Main | サッカー:テベスの代理人が語る。 »

Comments

ルイゾンのサンパウロ復帰は、もともと念願だったはず。本人からすると、不幸中の幸いだったのでは。

しかし、一人くらい日本にきて欲しかったというのが、僕の本音です。
ピッツブル来ねぇなかなぁ〜

Posted by: ぐらぱち | terça-feira, 17 de janeiro de 2006 at 12:49

>ぐらぱち様
ジオヴァーニとピッツブルは、近々契約解除される方向という報道がありました。
契約の違約金を諦めて、早く移籍しようという考えでしょうかね。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 18 de janeiro de 2006 at 02:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8185163

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ルイゾンは、サンパウロFCに戻りたい。:

» 2006年カンピオナート・パウリスタ第2節 [Grampus8]
1/14、15にサンパウロ州選手権の第2節が行われました。SANTOS 2-0 MOGI MIRIM得点:Luciano Henrique(S)15min/前半;Luis Alberto(S)5min/後半警告:Xandao,Ramos(M),Wendel(S)退場:無し... [Read More]

Tracked on terça-feira, 17 de janeiro de 2006 at 12:43

« サッカー・サンパウロ州選手権 第2節終了 | Main | サッカー:テベスの代理人が語る。 »