« サッカー:ロマリオの、ロマリオによる、ロマリオのためのヴァスコ その11 次の親善試合はヒュンダイと。 | Main | ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 »

quarta-feira, 8 de fevereiro de 2006

サッカー:エルトンの行き先 その3

コリンチャンスの監督アントニオ・ロペスAntônio Lopesが、MFエルトンEltonがパウリスタPaulistaからの提示を無視して、コリンチャンスCorinthiansに2006年もいるという決定をしたことを認めた。

「エルトンがここにいることは重要なことだ。 彼はコリンチャンスで育った将来がある選手である。彼が今出て行くときではない」と、アントニオ・ロペスは言った。

この賞賛にもかかわらず、監督はエルトンは全ての正選手が復帰したらポジションを失うことを再確認した。

「エルトンはここでは絶対的な正選手ではない。しかし、競争があって正選手ではなくても、選手がよりよくなることはある。確実に彼はプレイをする機会をもっと得るだろう。彼は他のところにいるよりもここでもっと見せてくれるだろう。ファンも彼に大きな親しみを持っている。 エルトンはみんなを助けるだろう」と、アントニオ・ロペス監督は分析をした。

-------------------------
エルトンの、コリンチャンス残留には彼の家族の強い意志があったようだ。

エルトンは、このシーズンの終わりで終了する契約いっぱいはコリンチャンスCorinthiansにいることにした。

「とても考えた。 家族と考えた。 チームで機会を得ることがあるのでここにいることにした」と、エルトンは言った。

ロジャーの怪我、リカルヂーニョの出場停止で、エルトンは水曜日のサン・カエターノとの試合では正選手になる。
エルトンは、彼らが戻ってくればポジションを失うことを認めている。

「プロに上がってから、このような競争はある。 しかし、機会を得たこともあった。 リカルヂーニョRicardinhoやロジャーRogerがいるチームにはいるのは難しいであろうことは知っている。 しかしもっと機会を得ることを期待して、自分の仕事をしなくてはならない」と、エルトンは言った。

エルトンは、昨年半ばに、コリンチャンスのジュニアから上がってきたばかりだ。

|

« サッカー:ロマリオの、ロマリオによる、ロマリオのためのヴァスコ その11 次の親善試合はヒュンダイと。 | Main | ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8588543

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:エルトンの行き先 その3:

« サッカー:ロマリオの、ロマリオによる、ロマリオのためのヴァスコ その11 次の親善試合はヒュンダイと。 | Main | ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 »