« サッカー:ニウマールのレンタル期限が迫る。 | Main | ペレの息子が再び収監 »

quinta-feira, 2 de fevereiro de 2006

サッカー:ロマリオは1得点したが。

ロマリオは1得点した。

リオ・デ・ジャネイロ州選手権の前半戦のグアナバラ杯の対フリブルゲンシ戦で、ヴァスコは1対1と引き分けた。
ヴァスコの1点は、ロマリオのペナルティーキックをキーパーがはじいたところをロマリオが押し込んだ1点だ。
「20060202GloboEsporte-Vasco.wmv」をダウンロード

ヴァスコは、これでグアナバラ杯のBグループの4位確定した。

今後は、AグループおよびBグループの1位および2位が、トーナメントで試合を行い、グアナバラ杯の優勝を決める。
※グアナバラは、リオ・デ・ジャネイロにある湾の名前。
 今のリオ・デ・ジャネイロ州は首都の時代はリオ・デ・ジャネイロ州とグアナバラ州に別れていた。

2月18日からは、同じ様リオ杯の試合が行われる。

そして、最終的に4月4日と、4月9日にグアナバラ杯とリオ杯の優勝チームでの試合が行われて、リオ・デ・ジャネイロ州のチャンピオンが決まる。

リオ・デ・ジャネイロ州には、事実上4強しかない。
Bグループのヴァスコ・ダ・ガマとAグループのボタフォゴ、そしてフラメンゴとフルミネンシである。

こういう状況で、Bグループで4位とは「恥」ということだ。
※だが、実はボタフォゴしか残れなかった。

ヴァスコ・ダ・ガマはアレックス・ヂアスを失ったわけで、状況を理解できないこともないが、かといって補強を行ったわけでもない。
アレックス・ヂアスがいたから、ロマリオのゴールが生まれていたわけで、今後はロマリオのゴール自体も難しくなることは明白だ。


FRIBURGUENSE 1 x 1 VASCO
競技場: エドゥアルド・グィンリEduardo Guinle, ノヴァ・フリグルゴ市Nova Friburgo (RJ)
主審: Ubiraci Damásio de Oliveira.
線審: Aristeu Leonardo Tavares e Avelino Menezes Pimentel

観客: 4.455人(有料入場者)
イエローカード: Nil (F); Ricardinho (F)
ゴール: Nil, 後半42 min; Romário, 後半48 min

FRIBURGUENSE
Jefferson, Sérgio Gomes, Cadão, Max e Nil; Bidu, Gedeil, Victor Hugo (Carlos Alberto) e Marquinhos (Júlio César); Jones e Robinho (Ricardinho).
Técnico: Cleimar Carvalho.

VASCO
Roberto; Wagner Diniz (Claudemir), Bebeto, Fábio Braz e Diego; Osmar (Rafael), Ygor, Abedi e Morais; Ramon (Allan) e Romário
Técnico: Renato Gaúcho

|

« サッカー:ニウマールのレンタル期限が迫る。 | Main | ペレの息子が再び収監 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8464177

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオは1得点したが。:

« サッカー:ニウマールのレンタル期限が迫る。 | Main | ペレの息子が再び収監 »