« ブラジルの広告 その8 夏のCM3 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その32 第8節終了 »

quinta-feira, 9 de fevereiro de 2006

ブラジルと冬季五輪

国土のほとんどが、熱帯もしくは亜熱帯に属するブラジルには、まずほとんど雪が降らない。
南部のごく一部の山間部で、冬季に冠雪が見られる程度である。
水が凍結するようなこともない。

そんなブラジルでも、冬季オリンピックに参加する。

今回のトリノには、10人の選手が送られている。

ボブスレー。
spd20060203j
spd20060203k
spd20060203l

女子大回転。
スケートボード。
15キロクロスカントリー。
等々。

もちろんこういうスポーツをやっているブラジル人は、極めて恵まれた環境にある社会階層にある人たちである。
道具がいるからだけではない。
練習場所を海外に求めなければならないからだ。

それに、その競技を始めようとするきっかけにしても、ブラジルでは得ることは出来ないはずである。

そういうことはあるにしても、ブラジルといえばサッカーというような時代から見ると、世界トップにある男女バレーボールや男女のビーチバレー以外にも、夏のオリンピックで馬術やヨットで金メダルを取ったりと、隔世の感がある。

-------------------------
それになりよりも、市民ベースでのスポーツの幅が広がっているように思える。

気候にも恵まれているのだろうが、屋外でそれぞれに応じた形で走り、歩いている人を見かける。

多くの人々がジムに通い、身体造りをしている。

もちろん富裕層が多いのは事実だが、公設の施設も年々歳々充実してきている。

サッカーに代表されるようなプロになりお金を稼げるスポーツだけではなく、体操のような競技にまで「肌の黒い人」が進出してきている。

経済の好調が続いて行くに連れて、ブラジルも豪州のようなスポーツ大国になりそうな予感がある。

※ブラジルでは”トリノ”をトゥリン”Turin”と発音する。
spd20060203m

|

« ブラジルの広告 その8 夏のCM3 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その32 第8節終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルと冬季五輪:

« ブラジルの広告 その8 夏のCM3 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その32 第8節終了 »