« サッカー:ルイゾンはフラメンゴと契約 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その23 1月31日 »

quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その24 コリンチャンスに付き物の話題

また、コリンチャンスに付き物の話題だ。

コリンチャンスCorinthiansは、先週の日曜日のアメリカーナAmericanaで行われたリオ・ブランコRio Branco戦での”ガヴィオンエス・ダ・フィエウ”の行為によりいくつかの試合の支配権を失う危険がある。

審判のエルシオ・パススコアウ・ボルボレマÉlcio Paschoal Borboremaは、試合の73分の中で、コリンチャンスのファンから3足のビーチサンダルchinelosが、コーナーキックをしようとしていたリオ・ブランコの左のSBのヴァイネルVainerに投げ込まれたことを発見している。
審判は、ビーチサンダルは選手に当たらなかったことは指摘している。

一年前、コリンチャンスはアララスArarasのウニオン・サンジョアンUnião São João戦の試合の支配権を失った。 
その前に行われた、ヴィラ・ベルミロVila Belmiroで行われたサントスSantos戦で、コリンチャンスのファンが、その当時のキーパーのマウロMauroに向かって石を投げたからだ。

試合は、モジ・ミリンMogi Mirimで行われコリンチャンスCorinthiansが6対1で勝った。

もし、コリンチャンスCorinthiansがスポーツ裁判所TJDの検事procuradoresによって訴えられると、判決は翌週には出る。
この場合、コリンチャンスは2月12日に予定されているサントスSantos戦の支配権を失う危険がある。

サンパウロ州選手権の規則では、支配権を失った場合には、クラブは予定されていたところから70キロ離れたところで行われることになる。

試合の映像では、審判はまたリオ・ブランコのファンからもビーチサンダルがコリンチャンスのコエーリョやリカルヂーニョに投げられたりしているのを発見している。
投げた犯人は、警察に捕まっている。

-------------------------
いつものことである。

コリンチャンスのファンにとっては、それほど興奮する試合ではなかったはずだ。
4対1で勝っているのだから。

こういうことをして、試合を壊しては元も子もない。

|

« サッカー:ルイゾンはフラメンゴと契約 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その23 1月31日 »

Comments

chineloを投げるってあたりがいかにもコリンチアーノらしいっていうか、ブラジルの庶民文化を感じてしまいます。
投げた人たちは裸足で帰ったんでしょうか?それ以前に、シネーロでサッカー観戦というのも冷静に考えたらすごいですけど。近くのバールで一杯やるような感覚なんでしょうか

Posted by: desclassificado | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 08:31

>descalassificado様
投げるためのものは持ってこないでしょうから、裸足でかえったんでしょうね。
すり減っていたもので、買い換え前だったのでしょうか。 サッカー見物は、みんなご存じのようにラフな格好で、手ぶらが多いです。
特にガヴィオン席はそうです。
ちょっと高い方は、デジカメもって、ちょっとだけきれいな格好をしています。
そこでも、シネーロはいたと思います。
今晩も、行きますけど。
ちなみに、シネーロは履きません。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 1 de fevereiro de 2006 14:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その24 コリンチャンスに付き物の話題:

« サッカー:ルイゾンはフラメンゴと契約 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その23 1月31日 »