« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その22 デスフィーリ始まる  | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その40 第11節終了 »

sábado, 25 de fevereiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その39 第11節 コリンチャンス対サント・アンドレ

サッカー・サンパウロ州選手権第11節のコリンチャンス対サント・アンドレの試合が、2月25日(土)16時から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われた。

サンパウロのカルナヴァルのデスフィーリがおこなわれている最中でもあり、多くの人(一説には300万人)がサンパウロを脱出しているので、観客は少ないだろうと思ったら、12千人とまずまずの入りであった。
spd20060225v
(クリックすると拡大する)

昨夜は、コリンチャンスのファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウのデスフィーリがあって、それでくたびれ果てているのか、いつもよりガヴィオエンス・ダ・フィエウの動員は少なく、また鳴り物も少なかった。
(コリンチャンスの先発メンバーと控え)
spd20060225c
spd20060225d

(サント・アンドレの先発メンバーと控え)
spd20060225e
spd20060225f

前半、コリンチャンスはもたもたしていて、ファンの不満が募ってきたところで、ニウマールがゴールを決めた。
その後に、ラファエル・モウラが追加点をあげたのだが、不安定な試合にファンは納得していなかった。

後半になり、相手のサント・アンドレにPKを決められて、2対1と差を縮められた。
この際に、コリンチャンスのコエーリョがイエローカード2枚で退場となった。

コリンチャンスは、1人少なくなったことで、選手の動くスペースが大きくなり、楽に球を出せるようになった。

ニウマールが、さらに1得点を上げることが出来た。
さらに、後半了直前に、ラファエル・モウラに替わって入ったカルロス・アルベルトがPKのチャンスを得て、これを決めて4対1と突き放した。
「20060225JNsp2-Corinthians.wmv」をダウンロード

昨年のブラジル選手権の優勝チームで、ブラジル代表選手を2名も抱えるコリンチャンスが、勝利するのは当然である。

尚、テベスはアルゼンチン代表として招集されており、今日の試合からは出場していない。

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その22 デスフィーリ始まる  | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その40 第11節終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8838400

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その39 第11節 コリンチャンス対サント・アンドレ:

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その22 デスフィーリ始まる  | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その40 第11節終了 »