« ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その31 第4節ポルツゲーザ対コリンチャンス 試合観戦2 »

quarta-feira, 8 de fevereiro de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その30 第8節 サン・カエターノ対コリンチャンス

サッカー・サンパウロ州選手権Campeonato Paulista第8節のサン・カエターノSão Caetano対コリンチャンスCorinthiansの試合が、2月8日21時45分から始まった。
spd20060208a

(サン・カエターノの先発メンバー)
spd20060208b

(コリンチャンスの先発メンバー)
spd20060208c

サン・カエターノの監督は、サントスを負われたネルシーニョ監督。
転落のきっかけは、昨年のブラジル選手権のサントス対コリンチャンス戦での大敗であった。
spd20060208f

この試合、コリンチャンスは多くの選手を欠いている。
日曜日の夜に入院したカルリットス・テベスCarlitos Tevezも欠場である。
MFのロジネイRosineiとSBのグスタヴォ・ネリーGustavo Neryは筋肉の痛み。
DFのヴェスクレイWescleyとMFリカルヂーニョRicardinhoは、前の試合でレッドカードで、出場停止。
更に右SBのコエーリョCoelhoは、イエローカード3枚で出場停止。

その代わり、エルトンÉltonが出場の機会を得た。
spd20060208e

試合は前半にラファエル・モウラがゴールを決めてコリンチャンスが前半をリードして折り返した。
spd20060208d

しかし後半に入ってすぐに、サン・カエターノにゴール前の混乱の中でゴールを決められた。

後半のコリンチャンスは、中盤が全く駄目。
球が持てず、前線に球が出ない。

後半48分に、サン・カエターノに追加点を決められて、遂に逆転。
コリンチャンスは、2対1で敗れた。
「20060209GloboEsporte-Corinthians.wmv」をダウンロード

(第8節第1日目を終了した時点での順位)
spd20060208g
spd20060208h

試合後の記者会見のネルシーニョ監督。
spd20060208i

-----------------------------
ネルシーニョ監督といえば、忘れてはならないのが「昨年運命を共にした」ルイゾン。
ルッシェンブルゴ監督にサントスから追い出されて、フラメンゴに入った。
入団の記者会見では、「トレーニングを3週間していないので、身体の調整には3週間かかる」と言っていたのだが、順調に仕上がっているようで、もう試合に出場できると言っていた。
だが、体重がまだ重いようで、もう少し絞らなくてはならないようだ。

spd20060208j
spd20060208k

|

« ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その31 第4節ポルツゲーザ対コリンチャンス 試合観戦2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8576614

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その30 第8節 サン・カエターノ対コリンチャンス:

« ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その18 まだまだ続く誘拐の連鎖。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その31 第4節ポルツゲーザ対コリンチャンス 試合観戦2 »