« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その23 優勝チームが決定 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その33 サブリナ・サトウにぶっかけ1 »

terça-feira, 28 de fevereiro de 2006

ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その24 今日最も有名な日本人Tsubasa Miyoshi

ブラジル・サンパウロのカルナヴァウのデスフィーリで、優勝したのは昨年に続いてインペリオ・ダ・カーザ・ヴェルヂである。

優勝が決定したのは、11時30分過ぎである。
テレビの中継は、集計会場であるサンボードモから、インペリオ・ダ・カーザ・ヴェルヂの本部にカメラが切り替えられた。

ここにはまだそれほど人が集まっていなかった。
せいぜい数百人だろうか。

だが、一番前列にこのインペリオ・ダ・カーザ・ヴェルヂというエスコーラ・ヂ・サンバの旗を持った女性と、その女性の周りを回る東洋人の男性が目を引いた。

この女性は、ポルタ・バンデイラ(=旗持ち)といってチームの旗を持つ大事な役割を担っている人で、その旗を持っている人を称える役割を持っているのが男性である。

エスコーラ・ヂ・サンバの4000人ほどの参加者の中でも、3組しかいない、そして重要な役を担っているのである。

そしてこの男性が日本人だということが判った。
spd20060228e

Tsubasa Miyoshiといって、東京出身で、昨年からサンパウロに来ているという。
サンパウロでは日本語を教えているという。
日本では、リベルダーヂというサンバチームで、同じ様なことをやっていたらしい。

この人のサンバについては、みんな誉めていた。
お世辞では、このような大事な役目が任されるわけは絶対無い。

すくなくとも、ポルトガル語より、サンバの方が上手だと言っていた。

このかた、生中継でもかなりの時間、映像にはいっていた。
そして、その後の昼のローカル・ニュース。
昼の全国ニュース。
夕方のローカル・ニュース。
そして20時15分からの視聴率40%の全国ニュースでも取りあげられていた。

その映像だ。
「20060228Carnaval-TsubasaMiyoshi.wmv」をダウンロード

しかし、前に紹介したサルバドールのYuka-chanもそうだが、2月28日の今朝終了したリオ・デ・ジャネイロのカルナヴァウのデスフィーリにも日本人が何人かテレビの映像に映っていた。
とどめは、今日のこのTsubasa Miyoshiさんだ。

何故かカルナヴァウに参加しているとして紹介される外国人で、圧倒的に多いのが日本人である。
「奇異だと思われているのか」それとも「絶対人数が多いのか」やっぱり「上手なのか」。

※カルナヴァル関係の映像は鋭意編集中。
 市販されないサンパウロのデスフィーリも、それなりに。
 映像が多いので、依頼された方々への発送は、来週以降になりそうです。
 雑誌も週末以降発売予定。

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その23 優勝チームが決定 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その33 サブリナ・サトウにぶっかけ1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その24 今日最も有名な日本人Tsubasa Miyoshi:

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァウ その23 優勝チームが決定 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その33 サブリナ・サトウにぶっかけ1 »