« サッカー・サンパウロ州選手権 その45 第13節終了 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その45 3月5日 »

domingo, 5 de março de 2006

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その34 サブリナ・サトウにぶっかけ2

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
spd20060301p

そのサブリナ・サトウがレギュラー出演しているredeTV!局Panico na TVというブラジル一馬鹿な番組は、ますます「アホさ」の限度を超えてきた。

2月になって、2006年の放送が実質的に始まり、サプリナ・サトウが、「ランジェリー隊」とともにロケで危険なことに挑戦というコーナーも続いている。
spd20060301n

このコーナーも、ネタが尽きたのだろうか。

サブリナ・サトウ率いるランジェリー隊が、いつものようにあつまった。
spd20060301o

「剥製屋」を訪問して、剥製を作る模様を見て、キャアキャア言っていた。
この部分は、特に盛り上がりもなかったので飛ばす。
spd20060301q

そして、画面が変わって、またアクリルケースが置いてある。
spd20060301r

「何も起きないから」といって、「嫌だ」というサブリナ・サトウをお約束通りにケースに入れる。
ケースに入っても、しばらくサブリナ・サトウはブツブツと文句を言っている。
spd20060301v

それも、なだめてケースの蓋を閉める。
spd20060301s

そして、どっと「ミミズが千匹がどうか」は知らないが、ミミズの塊をサブリナ・サトウめがけて一気にぶっかける。
spd20060301t

当然、「ギャー」と大悲鳴である。
spd20060301u

今回も、全てのランジェリー隊のメンバーが大悲鳴を上げた。
一番長く耐えられた者が、「船旅」を得るという設定になっていた。

そんな悲鳴が続く画面のうちに、このコーナーは終了した。
「20060219PaniconaTV-Sabrina-Minhoca.wmv」をダウンロード

spd20060301w

本当に「小学生並み」など言っていると、小学生に怒られるようなレベルである。
「アホらしい」。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 その45 第13節終了 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その45 3月5日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8967101

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その34 サブリナ・サトウにぶっかけ2:

« サッカー・サンパウロ州選手権 その45 第13節終了 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その45 3月5日 »