« サッカー・サンパウロ州選手権 その51 コリンチャンスの後任監督に、パウロ・アウツオーリの名前が上がっている。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その35 どうしようもない企画 »

segunda-feira, 13 de março de 2006

”ブラジル人”スター、カルメン・ミランダの回顧展

往年の”ブラジル人”大スターであるカルメン・ミランダを知っている日本人は多くないだろう。

1920年代から1950年代中葉に掛けての大スターだ。
ブラジルで十分なスターであったのだが、1939年に米国に渡り、ブロード・ウェイやハリウッドでの大スターになった。

彼女は、ブラジル生まれではない、1909年にポルトガルで生まれている。
生後10ヶ月と8日で、リオ・デ・ジャネイロに一家で移った。
当時のポルトガルは、国王が暗殺されるなど、国内が不安定だったのだ。

1923年、14歳の時にラジオに出演している。
学校が、他の生徒ともにラジオ局を訪れたのだ。
この時が、カルメン・ミランダのデビューと言うことになる。

公式の彼女のデビューは、1929年1月9日のことで、あるフェスティバルで唄ったときのことである。
初レコーディングは、同年の8月か9月である。

翌年には彼女は、ブラジルの大ポピュラー歌手になっていた。

このころの南米のショービジネスの中心は、ブラジルではなく、アルゼンチンのブエノスアイレスだった。
当時のアルゼンチンは、豊富な食糧資源を背景に、高所得国であった。
彼女も、1931年から、ブエノスアイレスでステージに上がっている。

1933年には、映画デビューを果たした。

1939年5月4日にブラジルを出発し、5月17日にニューヨークに到着している。
早くも6月19日にはブロードウェイでのデビューを飾った。

1944年には、米国で最も稼いだ女性になっている。
その後、ほとんど米国で過ごしている。
20世紀FOXで、6年で10本の主演映画に出演した。

1947年3月17日に結婚している。
38歳の時だ。

1948年頃から、彼女は薬物中毒の症状を見せていた。

1950年から1953年にかけて、米国や欧州でのツアーを行っている。
1953年後半から1954年にかけて、療養生活を送った。
1954年12月に、ブラジルに戻った。
健康を回復したあと、1955年4月にロサンジェルスに戻り、契約済みの仕事を殺人的なスケジュールでこなしていた。
再び、薬の量が増えることになった。
1955年8月4日に、最後の仕事となったテレビに出演した。
1955年8月5日に、彼女は死んだ。
一週間後、彼女の亡骸はリオ・デ・ジャネイロに戻った。
多くの人々が、彼女を送った。

「最もブラジル人な外国人」であるカルメン・ミランダである。

昨年2005年が、彼女が亡くなって50年であった。
リオ・デ・ジャネイロで、追悼展が開催されていた。

そして、先週からサンパウロでも追悼展が開催されている。
会場は、バッハ・フンダにあるMemorial America Latinaというところである。
spd20060308zc

早速行ってきた。
なかなかの内容であった。

彼女が実際に使用した衣装も数多く展示されていた。

身長が低かった彼女の使用した厚底靴。
彼女のシンボルそのものである"Tutti Frutti hat"もいくつも展示されていた。
spd20060308f

彼女が出演した映画のポスターや写真。
spd20060308g

彼女が出演した映画の映像の一部。
spd20060308h
※会場内は撮影は禁止である。(ニュース映像より)

この展示会のグッズも販売されていた。
CDやDVDはない。

彼女の活躍は、主に米国で行われ、米国人の演出であり、どうしても米国人のイメージするブラジルを演じており、ブラジルに直接に影響を与えたというものはあまりない。

しかし、1950年代の終わりが揺籃期出会ったボサノヴァには、なにがしかの影響を与えたのである。
大スターであった彼女のバンド・メンバーは、いずれも超一流の演奏家であり、彼女の死後ブラジルでそれぞれ活動をしており、後のボサノヴァの担い手になったミュージシャンに影響を与えたと言われている。

そのボサノヴァも、ブラジルではとうの昔に過去の物になっているのだが。


|

« サッカー・サンパウロ州選手権 その51 コリンチャンスの後任監督に、パウロ・アウツオーリの名前が上がっている。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その35 どうしようもない企画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ”ブラジル人”スター、カルメン・ミランダの回顧展:

« サッカー・サンパウロ州選手権 その51 コリンチャンスの後任監督に、パウロ・アウツオーリの名前が上がっている。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その35 どうしようもない企画 »