« ブラジル・サンパウロでの刑務所での反乱 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その57 第16節 ジュヴェンツス対サントス »

sábado, 25 de março de 2006

ブラジル・サンパウロの「離」の意味

ブラジル・サンパウロには、わりと漢字が溢れている。

サンパウロ東洋人街からは漢字は消えつつあるのだが、街の中では拡大している。

大体、漢字一つの場合が多い。

「愛」とか、「和」とか、「福」とか、いい意味の漢字が多い。
もともと、ブラジル人にとって良い意味の単語を漢字ではどう書くのかを、日系人に教えてもらって、選んでいるのだと思う。

入れ墨になっていたり、車にステッカーが貼ってある。

良いことだと思う。

だが時々、よくわからない文字の使い方がある。

「平」だ。

ブラジル人はこれを「平和」と教えられているようだが、「平」の一文字ではそのような意味をなさない。
悲しい思いをさせることもないので、指摘はしてあげない。

先日は、「恵」という字を肩に入れ墨している男性を見た。
「恵」を使っているのは珍しい。

ポルトガル語では何という意味で考えたのかよくわからなかった。

残念なことに、この「恵」という入れ墨が、左右が逆になっていた。
裏返しになっていたのだ。

また、今週のことだが、車に「離」というステッカーが貼ってあるのを見た。
これも、ポルトガル語でどういう意味で使っているのかわからなかった。
spd20060320a

車だから、単純に後続車に「離れて」といっているのかもしれないと思った。
何かから、誰かから、「離れたい」といっているのかもしれないとも思った。

しかし、普通にこういう願いもないだろうと思った。

------------------------------
このように「漢字」が、このような形でも普及するのは悪くないと思う。

だけど、せっかくなのでキチンと正しく使われた方が良いに決まっている。
それは、漢字を知っている者の責任でもある。

と、日系人にいったのだが、もっと漢字を知っている日本人としては無責任な発言だろうな。

最近急増している中国からの新移民に、「日本人」は漢字を知らないと思われてしまいそうだ。
もしくは、「日本人」は、嘘の漢字を教えたと、間違いを知った人に恨まれそうだ。

|

« ブラジル・サンパウロでの刑務所での反乱 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その57 第16節 ジュヴェンツス対サントス »

Comments

はじめまして。
ブラジルでの漢字の使われ方はひどいものがありますね。で、よく笑ってしまいます。
車によくあるのが、さかさまに書かれた漢字。
さかさまのほうが「Bonito」だったのでしょう。

あと、タトゥーで「無料」と書かれているのをみると、かなり戸惑います。手書き風で汚い字だったり。
悲しまれても困るので、見かけたときは何も言わずに立ち去るようにしています。

ブラジリアに滞在中でブログをしています。
http://blog.livedoor.jp/wakanalivedoor/

Posted by: | sábado, 25 de março de 2006 at 21:52

>W様
サンパウロは日系人が多いので漢字だ等家になるのも理解できるのですが、ブラジリアでも同様なんですか。
車に貼るステッカーは、バンカで売っているから、それを貼っているようです。
よく上下逆さまのを見ます。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 27 de março de 2006 at 00:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9248269

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「離」の意味:

« ブラジル・サンパウロでの刑務所での反乱 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その57 第16節 ジュヴェンツス対サントス »