« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その37 牧場での一日 | Main | サッカー:エヂムンドは6ヶ月の免停 »

sábado, 18 de março de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その54 第15節サン・カエターノ対グアラニー

サッカー・サンパウロ州選手権の第15節サン・カエターノ対グアラニーの試合が、3月18日18時10分から、サン・カエターノ本拠地のサン・カエターノ・ド・スル市のアナクレット・カンパネラ競技場で行われた。

結果は、2対0でサン・カエターノの勝利。
これで、サン・カエターノは暫定ではあるが順位を5位に上げた。
グラニーは引き続き降格圏内に入っている。
「20060318Futebol-CP15-SaoCaetano-Guarani.wmv」をダウンロード

ところで、このサン・カエターノは、とにかく観客が少ない。
ブラジル選手権でも、1部に入っていて、中位をキープしているので、決して弱いチームではない。

昨年2005年のブラジル選手権の前半の入場者数を以前に掲載したが、抜群に観客数が少ない。

想像だが、サン・カエターノ・ド・スル市がサンパウロ市に近すぎることが問題ではないだろうか。
サン・カエターノ・ド・スル市は、サンパウロ市の南東にあり、隣接している工業都市である。

ここには、サン・カエターノ・ド・スル市の他に、サント・アンドレ市、サン・ベルナルド・ド・カンポ市、そしてヂアデマ市という4つの市があって、フォード、GM、VW、ベンツなどの組み立て工場を中心に、部品などの下請け工場が林立している。

その中でも、サン・カエターノ・ド・スル市は、サンパウロ市の中心部まで9キロと最も近く、とても面積の小さな市である。
東京で言うと、狛江市や蕨市のようなものである。

さらに、このサン・カエターノというクラブ自体が、1989年設立と、まだ10数年余りのとても若いクラブなのである。

つまり、サン・カエターノのファンが育っていないのだ。
サン・カエターノ・ド・スル市の大半は、すでに生まれたときにはコリンチャンスやサンパウロFCのファンであって、
途中からサン・カエターノのファンに簡単に切り替わることはないのである。

だから、サン・カエターノの主催で、コリンチャンスやサンパウロFCと対戦するときには、コリンチャンスやサンパウロFCのファンが大挙して現れて、アナクレット・カンパネラ競技場は満員になるのである。

ともかくも、今晩はネルシーニョ監督がトニーニョ・セレーゾ監督に勝った試合であった。
ネルシーニョ監督の名前も、現在監督不在のコリンチャンスの監督の候補として名前が出て来たのだが、このところ2-3日は聞かれない。

2点目のゴールのあとに、ネルシーニョ監督の姿がある。
「20060318CP15-SaoCaetano.wmv」をダウンロード

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その37 牧場での一日 | Main | サッカー:エヂムンドは6ヶ月の免停 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9156673

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その54 第15節サン・カエターノ対グアラニー:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その37 牧場での一日 | Main | サッカー:エヂムンドは6ヶ月の免停 »