« ブラジル経済2006 その6 財務大臣の辞任 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 »

terça-feira, 28 de março de 2006

ブラジル・サンパウロの「木の幹への文字」

ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場は、市営である。
だが、ほとんどサンパウロの名門チームの一つであるコリンチャンスが、ほとんどホームとして試合に使用している。
ここでは、コリンチャンスの試合が年間に30試合以上行われている。

コリンチャンスのファンにとっては、「聖地」のようなものであろう。

そのパカエンブー競技場の前にあるとても広いシャルレス・ミラー広場。
広場の周囲には大きな木が何十本も植わっている。

この競技場が出来たのは1940年なので、もう65年経ったものもあるのだろう。

そういった木の中の一本の幹に、文字が彫り込んであるのをみつけた。

Corinthiansと書いてあったのだろうが、最後のsがもう薄かった。
Spd20060319f

よく見ると彫り込んであるのではなかった。

木の皮を剥いで、そしてライターかタバコなど焼き込んだものだった。

何か、ここまでしてしまった作者の情念のようなものを感じてしまった。

|

« ブラジル経済2006 その6 財務大臣の辞任 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「木の幹への文字」:

« ブラジル経済2006 その6 財務大臣の辞任 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 »