« ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その1 準備中 | Main | サッカー:2年間で10人目の監督を迎えたフラメンゴ »

segunda-feira, 6 de março de 2006

ブラジル・サンパウロの虫 その1

拙宅のあるところは、サンパウロの中心部に近いのだが、敷地がわりと広い一戸建ての家ばかりの住宅専用地区にある。

街路樹も大きいのだが、それぞれの家にも大きな木が植えてある家が多い。

そのこともあってが、鳥類はとても多い。
まるで鳥のサンクチュアリーのようで、巨大な鳥籠の中に住んでいるかのようで、早朝から鳥の鳴き声が絶えることはない。

植えてある木も、花の咲く木と実のなる木が多く、実のなる木にはその時期には鳥が集まってきて、実にたかっているのである。

拙宅には、それほど大きな木はない。
その中に、グァバの木があって、ちょうど今実が熟している時期で、鳥たちがやって来る。
この拙宅のグァバの実は人間が食べるにはちょっと甘さに欠けるのだが、鳥には問題ないようで、実がついばまれて穴が開いている。
そこから、甘い匂いがしてくるのである。

いつものように、この木を見ていたら、実ではなく、葉のところに「虫」がいた。
一心に、「葉」を食べていた。
spd20060306t

羽根の小さなバッタのような虫であった。
spd20060306u

|

« ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その1 準備中 | Main | サッカー:2年間で10人目の監督を迎えたフラメンゴ »

Comments

うちでもよく見かけます。 このあいだは風呂場の洗濯物入れのふたの上にいました。
保護色なんでしょうか? この写真のよりうすい緑(そういえば洗濯物入れの色)をしていました。 夜中に風呂場のほうから鳴き声も響いていたので、おそらくこの虫のだったと思われます。

Posted by: dindinha | terça-feira, 7 de março de 2006 at 05:50

>dindinha様
やはりそちらには、いっぱい色々な虫がいそうですね。
「原色の凄いヤツ」で「巨大なもの」などいませんか。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 11 de março de 2006 at 00:11

意外に原色モノ、大きいものは少ないように思います。 メタル系青いちょうちょ(よくお土産になってるヤツ)とか、メタル系緑のデカイハエ、金色に光るなにかのさなぎ、赤と黒の水玉、黄色と黒と水玉の虫等はいます。
家に入ってくるほとんどの牛は緑、茶色系で、カナブン、カミキリムシ、蛍、よく分らない小さな虫や蛾が多いです。
巨大ムカデがいないのが幸いです。
もぞもぞ百本脚みたいなのはいますが。。

Posted by: didinha | sábado, 11 de março de 2006 at 11:47

あ、牛じゃなくて虫です(笑)

Posted by: dindinha | sábado, 11 de março de 2006 at 11:48

>dindinha様
それほど強烈なのがいないようで、良かったですね。
拙宅にも、色々な虫は入ってきます。
網戸も、ほとんど無いし。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 13 de março de 2006 at 22:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/8983208

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの虫 その1:

« ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その1 準備中 | Main | サッカー:2年間で10人目の監督を迎えたフラメンゴ »