« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 パルメイラスは引き分け。 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その5 »

sexta-feira, 24 de março de 2006

ブラジルの広告 その13 ロナウドと闘牛

ブラジルは、すっかりワールド・カップ態勢だ
少なくともCMは、雰囲気がいっぱいだ。

さて、陽気なCMを3週間前から続けていたブラジル最大のビール会社BRAHMAが、また今週22日から新たなCMを始めた。

舞台は闘牛場だ。
spd20060322j

観客席にはロナウドを含む3人組が、大きなクーラーボックスを持ち込んで座っている。
かなり不自然だが、CMなのでこんなものだろう。
spd20060322k

クーラーボックスの中からビールを取りだして、ロナウドに渡す。
spd20060322l

牛が登場する。
ロナウドが、牛を見つめる。
決意を固めたような。
spd20060322n

ロナウドが、手にした”瓶”ビールを見つめる。
spd20060322o

ロナウドの連れが、意味深に目配せをする。
spd20060322m

次の瞬間、ロナウドは競技場の中に入っている。
spd20060322p

そして、牛を翻弄する。
牛は赤い動く物を追うはずだが、ボールを追っているのか、ロナウドを追っているのか判然としないが、CMなのでどちらでもよいだろう。
spd20060322q
spd20060322r
spd20060322s

ぴたっとボールを停める。
spd20060322w

牛を見下ろすロナウド。
牛はもう参ったようだ。
spd20060322t

先ほどの瓶ビールを持った手を牛に伸ばし、牛の角で栓を抜く。
どういう風にすると、角で栓が抜けるのかよくわからないが、CMなのでよいだろう。
spd20060322u

いちおうこれは、ビールの広告である。
BRAHMAは、ブラジル代表のオフィシャルスポンサーの一つである。
spd20060322v

------------------------------
”瓶”ビールの栓を抜くのに、こんなに苦労をするならば、缶ビールにするべききだったのではないか。
缶は軽い。 指一本で開けられる。
缶ビールならば、ロナウドにこんなことまでして、汗をかいてもらう必要はない。

ロナウドにやってもらうならば、やはり豪快なシュートを見せて欲しかった。
動物虐待かもしれないが、牛に倒れてもらうとか。

このCMでの動きは、ロナウヂーニョかロビーニョが適任ではなかったろうか。

いずれにしろロナウドの澄まし顔も、不自然だ。
どこかゆるい。
「20060322CM-Brahma-Ronaldo.wmv」をダウンロード

|

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 パルメイラスは引き分け。 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9245282

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの広告 その13 ロナウドと闘牛:

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 パルメイラスは引き分け。 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その5 »