« サッカー:コリンチャンスの新監督は、パウロ・アウツオーリになるのか | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その12 コリンチャンス対チグリス »

quarta-feira, 22 de março de 2006

ブラジル・サンパウロのセントロは犯罪の温床 その3 最大の麻薬地区

ブラジル・サンパウロの歴史的中心部のセントロ
本当は、楽しいところでもある。
金融や商業の中心でもあるのだが、犯罪も多い。

以前にも紹介したが、そのセントロの北縁にルース駅という鉄道の駅がある。

その駅の南側一帯が、麻薬販売が大ぴらに行われている地区になっていて、クラコランヂアCracolandiaと呼ばれていた。
そこで販売されている麻薬のクラックから来た、通称である。
路上で生活している子供までが、麻薬を使っていた。

この地区についても何度か紹介している。

昨年来、この地区のあまりの惨状に、何度か警察が手入れを行っていた

その成果で、このクラコランヂアの状況は多少は改善した。
だが、今までそこにいた者は、ちょっと隣へ移動しただけであった

新たに移動した先が、道を隔てたところで、「新クラコランヂア」になった。
麻薬を買うのもやっとの者達が、それほど遠くに行けるはずもない。

この新クラコランヂアを一度ならずも探索したことがあったが、
とても写真は撮れるような雰囲気ではなかった。

その新クラコランヂアが、久しぶりにテレビで紹介されていた。
「クラコランヂア」としてだ。
厳密に言うとセントロをはみ出している。
spd20060320h

その領域は、「新クラコランヂア」であったときから、かなり拡大していた。
この地区は、19世紀の終わりに市街地が拡大する中で、高級住宅街としてできあがったところで
この時代の大邸宅が今も残っている。
廃墟と化して、「不法居住者」の住みかとなっていることが多い。

隠し撮りされた映像が、テレビで流された。
spd20060320i
spd20060320j
spd20060320k

顔も判別できるものが多い。
「20060316JNsp-Cracolandia.wmv」をダウンロード

クラックは、貧しい人の麻薬といわれている。
中流以上の若者は、エクスタシーだそうだ。
ここクラコランヂアにはエクスタシーはない。

※サンパウロのセントロの中でも、ここだけは軽々に近づかない方がよい。
 文化施設も多いが、ちゃんとすぐ近くの駐車場に止めて、目的地以外には行かないこと。
 夜はもちろん、昼間もだ。
 日本政府およびその関連機関からの派遣で滞在している関係者は、特にこの地区には近づかないこと。

|

« サッカー:コリンチャンスの新監督は、パウロ・アウツオーリになるのか | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その12 コリンチャンス対チグリス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9200589

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのセントロは犯罪の温床 その3 最大の麻薬地区:

« サッカー:コリンチャンスの新監督は、パウロ・アウツオーリになるのか | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その12 コリンチャンス対チグリス »