« ”ブラジル人”スター、カルメン・ミランダの回顧展 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その2 ほぼ展示完了 »

terça-feira, 14 de março de 2006

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その35 どうしようもない企画

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
spd20060309i

そのサブリナ・サトウがレギュラー出演しているredeTV!局Panico na TVというブラジル一馬鹿な番組は、ますます「アホさ」の限度を超えてきた。

サプリナ・サトウが、「ランジェリー隊」とともにロケで危険なことに挑戦というコーナーも続いている。

だが、このコーナーも、「企画」が末期的になった。

サブリナ・サトウ率いるランジェリー隊が、いつものようにあつまった。
spd20060309c

強い酒をいっぱいずつ飲みながら、ローラースケートをするという企画である。
spd20060309d

大体、彼女たちは、飲まなくても、立ててあるポールを交互に交差しながら滑ることは出来ないのである。
spd20060309e

飲むに連れて、酔いが回り、滑ることが出来ずに転ぶという映像が続く。
spd20060309g
spd20060309f

終いには、泥酔した全員の醜態が映し出される。
spd20060309h

それぞれ、わけもなく泣いたり、気分が悪くなってトイレにこもりきりの映像が続いた。

この番組は、深夜番組ではない。
日曜日の18時からの2時間番組である。

全くつまらなかった。

男の酔った姿もかなり情けないが、女性の泥酔した姿はどうしようもなく醜い。
東京でも、よく深夜に見かけていたが、困ったものだと思っていた。
道にあられもない姿で倒れている若いOLも見たことがある。
そこまで、「おやじ化」しなくても良いのに、いつも思っていた。

美しい人には、いつも美しくあって欲しいものである。

こういう企画は、止めてもらいたいと思っている。

|

« ”ブラジル人”スター、カルメン・ミランダの回顧展 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その2 ほぼ展示完了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9085270

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その35 どうしようもない企画:

« ”ブラジル人”スター、カルメン・ミランダの回顧展 | Main | ブラジル・サンパウロの爆裂展示 その2 ほぼ展示完了 »