« ブラジルで起きている最近の出来事 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その53 3月14日 »

quarta-feira, 15 de março de 2006

ブラジル・サンパウロの書籍見本市

ブラジル・サンパウロで最も広い見本市会場であるアニェンビーで、先週木曜日から「第19回サンパウロ国際書籍見本市」が開催されている。
spd20060313p

今週いっぱい開催されている。

そう遠くもないところなので、行ってきた。

会場は、サンパウロの歴史的中心部セントロから真っ直ぐ北に行き、チエテ川を渡った左側にある。
サンパウロのカルナヴァウのデスフィーリの会場でもあるサンボードモの隣である。
地下鉄のチエテ駅からは、無料の連絡バスが運行されている。

9時に開場し、22時までやっているとのことだが、9時に始まるのは後援会などで、本当の会場は10時のオープンである。

会場には、おもに出版社がブースを並べている。
そのほかには、書店もブースを持っている。
spd20060313r

空いている時間ということで、朝一番に行ったのだが、開場から1時間半もするとかなりいっぱいになった。
spd20060313s

学校の授業の一般としてやって来ている学生生徒が多かった。
本を読んでいるというよりは、友達と自由に歩き回ったり、食べたりと、本に親しんでいるような学生はそう多くないようであった。

「国際」ということで、EUのブースや、スペイン語圏やポルトガル、フランス、ドイツなどが独自のブースを持っていて、彼らの言語そのままの本を展示していた。

日本については,日本財団の支援を受けた出版物を並べているブースがあったが、日本語そのものの書籍を並べるというところにはなっていない。
ポルトガル語や英語での日本語や日本文化の紹介の本が展示してあった。
日系人でも、ほとんど日本語の読み書きが出来ない現状では、致し方ないところだ。

日本ということでは、「マンガ」の進出が、ブラジルでもとみに盛んになっている。
翻訳出版権を持った出版社のブースは、学生生徒などで盛況であった。
spd20060313v

Hello! kittyの出版権を持つ出版社のブースはこの通りである。
spd20060313q

広大な会場だけに、専門書籍の出版社も多く、普段はお目にかかれないような書籍があった。

また宗教関係の出版社も多く、カトリック関係だけではなく、日系の宗教団体のブースもあった。
ブラジル人に完全に浸透している「生長の家」や「世界救世教」は割と大きなスペースであった。 そしてSGIもあった。
spd20060313t
spd20060313u

児童書関連のブースも多く、3割ほどがそうであったように思えた。

この会場では、ほとんどのブースでも書籍を販売しており、市中での販売価格より下げていることもあって、ピギーバックを引っ張りながら、本を買い求めている人も多く見受けられた。

本好きであれば、会場に泊まり込みたいくらいであろうと思った。
ポルトガル語の読解力が完全ならば、本当にそうしたいくらいであった。

|

« ブラジルで起きている最近の出来事 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その53 3月14日 »

Comments

ちょうど来週、SPに出張があるので、週末もSPで過ごそうと思っているんです。
1週間ずれていたら足を伸ばせたのですが…。
もっとも私はポルトガル語がダメなので雰囲気を楽しんで終わりですが(笑)
活字中毒の夫は本当に残念がっていました。
ブラジリアのとは規模が違いそうですからね。

Posted by: nori | quarta-feira, 15 de março de 2006 08:06

漢字の変換が・・・。
足を延ばす、と書きたかったのですが、
妙にシュールな文章になってしまいました^^

Posted by: nori | quarta-feira, 15 de março de 2006 08:16

先日ある方の本が数冊ほしくて、ショッピングまでは遠いしバス代もかかるしということでDISALというとこでネット注文し、入金してもう2週間。
いまだに届かず、こんな事ならビエナウにお散歩がてら行って探せば良かったかな、と思っています。
ここでは図鑑や画集等もあるんでしょうか?

Posted by: dindinha | quarta-feira, 15 de março de 2006 23:13

>nori様
ご存じのように、ブラジルにはサンパウロといえども東京のターミナル駅のまわりなら、いくつかにあるような巨大書店はありません。
本当にこの見本市のような書店が常設であったらいいのにと思いました。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 15 de março de 2006 23:58

>dindinha様
子供用の物はかなり充実しているようでした。
図鑑や画集もあるようでした。
ただ、ものすごく広いのと人が多いので覚悟して行ったほうがよいです。
朝一番(10時)が良いと思います。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 16 de março de 2006 00:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの書籍見本市:

« ブラジルで起きている最近の出来事 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」 その53 3月14日 »