« ブラジル・サンパウロは「夏」 その52 3月13日 | Main | ブラジルで起きている最近の出来事 »

terça-feira, 14 de março de 2006

エリス・レジーナ その1

何故か知らないが、最近エリス・レジーナElis Regina に何らかの形で触れることが続いている。

ブラジル・サンパウロに住んでいるからということもあるが、それにしても何かの偶然なのだろうが。

彼女は、今から24年前になくなっている。

1970年代から1980年代初めにかけての、ブラジルを代表する歌手である。

どちらかというとMPBの歌手だと思っていたのだが、ボサノヴァの後期の歌手と位置づける向きもある。

2週間前に、彼女の出演したテレビ映像を集めた番組があった。
録画して編集するとみると、正味23分ほどの短い白黒の番組だったが、今見てもその才能があふれてでていた。
spd20060301j
spd20060301l
spd20060301k

迫力のある歌い手であったことが、十分に感じられた。

エリス・レジーナはサンパウロの出身ではない。
ブラジル南部のリオ・グランヂ・ド・スル州の出身である。

彼女の墓は、サンパウロ市南西部のモルンビー墓地にある。
ある有名人が眠っていることで知られている墓地だが、エリス・レジーナについてそれほど知られていない。

この一ヶ月間に2度訪れる機会があった。

この墓地では、墓はプレート一枚である。
一番上が、彼女の名前である。
エリス・レジーナ・カルヴァーリョ・コスタElis Regina Carvalho Costa。
spd20060309j

芝生の上に、このようなプレートが延々と何千個も埋められている。
エリス・レジーナの眠る場所を探し当てることは、普通はまず無理である。
上質のガイドをつける方が良いであろう。
spd20060309k

このモルンビー墓地の北側には、サンパウロでは2番目に大きなファヴェーラであるパライゾノポリスが広がっている。 不案内な人は、墓地周辺を歩き回って間違っても迷わないように注意した方がよい。
ガイドが必要なもう一つの理由である。
spd20060309l

|

« ブラジル・サンパウロは「夏」 その52 3月13日 | Main | ブラジルで起きている最近の出来事 »

Comments

なんてシンプルな。。 お花も少ないし、普通の芝生の公園みたいですね。
管理人は芝刈りがメインでしょうか??
エリスレジーナ特集はどこでやっていたのですか? 

Posted by: dindinha | terça-feira, 14 de março de 2006 at 12:11

>dindinha様
この墓地は、市営でもなく、ちょっと特殊なぼちです。 日系人の名前もいっぱい見受けられます。 フィナードスの時は、もっと花が多いですよ。
管理人の仕事は、芝刈りや落ち葉拾いなどの整備清掃作業と、埋葬のための穴掘り穴埋めのようですね。
番組は、グローボのニュース専門チャネルのGlobo Newsでした。
今週水曜日の20時から、culturaでも、何か彼女の特集番組を放送することになっているようです。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 15 de março de 2006 at 00:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9085038

Listed below are links to weblogs that reference エリス・レジーナ その1:

» 新しいエリスの種 [マクシミリアンの日記]
しつこいくらいにエリス・レジーナを取り上げていますが、今日もエリスです。エリスといえばオーケストレーションをバックに高らかと歌い上げるスタイルが思い浮かびますが、72年盤以降はどちらかというとそういうスタイルは陰を潜め、エレピアノ等の電子楽器を使った、より....... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 15 de março de 2006 at 05:53

« ブラジル・サンパウロは「夏」 その52 3月13日 | Main | ブラジルで起きている最近の出来事 »