« ブラジルで行われたフットサルブラジル対日本の試合 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 コリンチャンスで、カルロス・アルベルトが、ロジャーのポジションをえる。 »

segunda-feira, 3 de abril de 2006

ブラジル経済2006 その8 ブラジルのGDPは世界第11位。

ブラジル地理統計院によると、ブラジルのGDPが、世界15位から11位に上昇した。

理由は、ブラジルの経済成長というよりも、米ドル安という。
FMIの見通しによる世界の経済成長が4.3%に対して、ブラジルは、2.3%しか成長していない。
ブラジル通貨は、2005年には米ドルに対して12.4%上昇した。

ブラジルは、インド、豪州、オランダを追い越した。
メキシコも後ろにもってきて、ラテンアメリカでもっとも大きな経済規模の国となった。

順位は次の通り。
第1位  米国            12,452十億ドル
第2位  日本             4,672
第3位  ドイツ             2,799
第4位  英国             2,196
第5位  フランス           2,113
第6位  中国             1,909
第7位  イタリア           1,718
第8位  スペイン           1,124
第9位  カナダ            1,106
第10位 韓国               799
第11位 ブラジル             796
第12位 ロシア              772
第13位 メキシコ             758
第14位 インド               746

一人あたりのGDPランキングではブラジルは、72位になる。
69位   コスタリカ
70位   パナマ
71位   アルゼンチン

なぜか、ラテンアメリカの国が並んでいる。

購買力平価で換算すると、ブラジルのGDPは、9位になるという。

|

« ブラジルで行われたフットサルブラジル対日本の試合 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 コリンチャンスで、カルロス・アルベルトが、ロジャーのポジションをえる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9420025

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル経済2006 その8 ブラジルのGDPは世界第11位。:

« ブラジルで行われたフットサルブラジル対日本の試合 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その13 コリンチャンスで、カルロス・アルベルトが、ロジャーのポジションをえる。 »