« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス | Main | ブラジル初の宇宙飛行士 »

quinta-feira, 6 de abril de 2006

ブラジル・サンパウロの猫

ブラジル・サンパウロの多くの家では、犬が飼われている。

番犬として、防犯上とても役に立つからだ。
1匹以上飼っている家が多い。

番犬として飼われるのだから、犬は大きくて、見るからに怖そうな犬がいい。
純血種である必要など全くない。

アパートに住んでいる人でも、大きな犬を飼っている人も多い。
でも、やはりアパートに住んでいるは、小型犬を飼っていることが多いようだが、こういう人はあまり表に犬を連れてこないので、よくわからない。
でも、ペットショップに行くと、小型犬用の服などがいっぱい売っているので、そういう楽しみ方をしているのであろう。

拙宅の左となりの家は、4-5匹の犬を飼っている。
向かいの家は、もっと多く大小合わせて6-7匹の犬がいる。

でも、右となりの家は1匹しか飼っていない。
それにとても人なつっこい犬だ。
番犬になるのだろうかと思える犬だ。

犬は多いのだが、猫はあまり見ることがないのがサンパウロである。
防犯上の役に立たないことが大きな理由だろう。

「猫町」のようなものも無いようだ。
餌をあげる人が少ないのだろうか。
地上には、どこにでも犬がいるから住みにくいのだろうか。

犬がいない、病院や公園には、猫が住みついているところもあった。
餌をくれる人がいるようだった。

拙宅の門の上に、猫がいた。
Spd20060404g

この猫は、拙宅の右隣の家の飼い猫だ。
いつもは、隣家の2階の窓のところにいるのを見るくらいなのだが、
珍しく「遠出」をしているようだ。

|

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス | Main | ブラジル初の宇宙飛行士 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9470704

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの猫:

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス | Main | ブラジル初の宇宙飛行士 »