« ブラジルのアイルトン・セナの甥 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その14 アツレチコ・ナシオナル対パルメイラス »

terça-feira, 4 de abril de 2006

ブラジル・サンパウロの水道工事

ブラジルというところでは、日本では考えられないことを思い切ってやる国だ。

道路工事でも、市内の道路を半年も一年も、突然に道路を閉鎖したりする。
それの方が、工事の進行が早くなるからだ。

地下鉄の工事でも、日本のように夜だけ閉鎖なんていうことを毎晩やったりしない。
ずっと閉鎖だ。
渋滞が発生しようが、住民に不便だろうが、商売に影響があろうが、そんなことは気にもしていないようだ。

実際、店舗などは諦めて移転してしまう。

今日4月4日から、サンパウロ市の西部の一部と西郊の衛星都市の住民40万人の給水がストップする水道工事が始まった。
Spd20060404a

老朽化した配水管を取り替える工事で、取り替えることによって給水量が50%も増加するという。
Spd20060404b

それは良いのだが、給水がストップするのは、半日程度ではない。

一応2日間だ。

ブラジルの多くの家は、屋上や屋根裏に100リットル以上のタンクを備えている家が多い。
洗濯などしなければ、とりあえず、しのげるかもしれない。

|

« ブラジルのアイルトン・セナの甥 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その14 アツレチコ・ナシオナル対パルメイラス »

Comments

それが出来ることが、ある意味、うらやましいです。

数年前、近所の県道の拡張工事があったときの話ですが、毎晩12時過ぎから朝方5時まで1か月以上、毎晩のように続く振動とアスファルトを割っている音で、不眠になり、精神的にもおかしくなってきたことがあるもので。
閉鎖して数日で終了するなら、そうしてもらいたかったと今でも思います。

尤も、日本は工事が多すぎです。
特にある時期になると、、、。
この間、工事してて埋め戻したところを、また別の工事で掘ってるなんていうことも日常茶飯事ですし。
そういう意味では、ブラジルのように、イッキに終わらせてしまうほうが合理的でいいですね。

Posted by: maria do japao | terça-feira, 4 de abril de 2006 at 23:40

>maria do japao様
工期は短い方が良いけど、上水道が3日間使えないのはどうかと思います。
工事が終わったという報道もありません。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 8 de abril de 2006 at 01:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9439745

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの水道工事:

« ブラジルのアイルトン・セナの甥 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その14 アツレチコ・ナシオナル対パルメイラス »