« ブラジル・サンパウロの早朝朝市2006 その1 魚や | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その69 第19節 コリンチャンス対パウリスタ その5 試合観戦3 笠井健太 »

sábado, 15 de abril de 2006

ブラジルのシュシャ20年

ブラジルで、この20年の間に、何年か過ごしたことがある人なら、絶対にテレビで見たことがあるはずの人が、テレビでまくりのSBTのシルヴィオ・サントスご御大と、GLOBOのシュッシャXuxaだ。

シルヴィオ・サントスは、あまりに偉大すぎて、いじりにくい。
いまだにお達者で、自社の毎日ゴールデンタイムに番組を持っておられる。
さすがに、日曜日に12時間でまくりだったような体力はないのかもしれない。
それでも変わらぬスタイルだ。

そしてもう1人変わっていないのがXuxaだ。

月曜日から金曜日までの朝、子供番組の司会をやっている。

その彼女が出演し始めて、20年になるということだ。
Spd20060403h

20年といえば、20年なので、寄るものには抗えなかったりするのだが、まだまだ頑張っている。
今は、こんな感じだ。
Spd20060403i

ロシア系で、リオ・グランヂ・ド・スル州の出身なのだが、リオ・デ・ジャネイロなまりでいつも発音しているのも変わらない。

結婚もしていないのに、子供がいる。

そろそろ子供番組は無理かなとは思うけど、今更止めることも出来ないし、色が付きすぎて他のことは出来ないだろう。

今までの20年間のシーンを見せてくれている。
Spd20060403a
Spd20060403c
Spd20060403f
Spd20060403g

|

« ブラジル・サンパウロの早朝朝市2006 その1 魚や | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その69 第19節 コリンチャンス対パウリスタ その5 試合観戦3 笠井健太 »

Comments

初めまして。
ちょっと前の記事に初めてのカキコさせていただきます。
横浜在住の33歳(おっさん)です。

私はアイルトン・セナのファンでしたが、彼の元ガールフレンドのXUXAって今何やってるのかなと突然気になってネット中を探していたら、このブログにたどり着きました。
ついでにブルーノやモルンビーの丘の記事も拝見させていただきました!

他にも拝見させていただきましたが、CMやTV番組の動画とかもあるので非常に楽しませてもらってます。
ある時期は「来世はブラジル人に生まれたい」なんて思ってた時もあったので、このブログには非常に惹きつけられました。

ブラジルって楽しそうですね。管理人さんはいかがですか?

これから当分ここの住人にさせていただこうと思います。
これからも頑張って色んな記事をUPしてください。
楽しみにしてます。

Posted by: aki | sábado, 29 de abril de 2006 at 10:51

>aki様
ブラジルを楽しそうだなと思っていただければ、それで十分このブログをやっている意味があります。
もちろん貧富の差などの”暗部”もありますが、日本で決して報道されないようなブラジル・サンパウロを紹介したいなと思っています。
普通の人が、どんなものを食べて、そこに行って、何を見ているかというようなことです。
「アマゾン」「カルナバル」「サッカー」だけではないということです。
何か、こういうテーマはというのがあればお知らせください。
もしかしたら取りあげるかもしれません。
Xuxaをご存じということは、昔お住まいになっていたのでしょうか。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 30 de abril de 2006 at 17:07

こんばんは。akiです。

Xuxaを知ったのは、確か'89のモナコグランプリや
'90のブラジルグランプリに普段はサーキットに彼女を
連れてこないアイルトンが連れてきてたんです。
その時の彼女っていうのがXuxaでした。
特に'89のXuxaは物凄く可愛かった記憶があります。
最初は"シューシャ"っていうカタカナでの紹介だけだったので
まさか"Xuxa"ってスペルとは考えもしなかったです(笑

今でも十分美しいですし、まだ子供番組の司会をやってるなんて凄いですね。彼女ってもう40歳前後ですよね?

ブラジルには非常に憧れてまして、今でも可能ならば移り住みたいくらいです。でも年齢もあるし、仕事も有るし、お金は無いし…

永住は無理でもいつかは1ヶ月くらい住んでみたいです。
管理人さんは羨ましいです。

これからも楽しい記事、日本人が知る事が出来ない
日常のブラジルを楽しみにしてます。

あ、そうだ!お言葉に甘えてリクエストします!
現在のブラジルでもサッカーは勿論の事、モータースポーツの
人気は衰えてないと思いますが、
現役フェラーリドライバーのフィリッペ・マッサ(Felipe Massa)のブラジルでの人気ってどんなんですか?
あんなにアイルトン好きだったのに、日本ではあまりマッサの記事が無いんです。
もし何かご存知でしたら教えていただけますか?

また、もし良ければ月1回でモータースポーツの特集なんてのはいかがですか?

わがままを言ってスイマセン。m(__)m
また、遊びに来ます。

Posted by: aki | segunda-feira, 1 de maio de 2006 at 10:52

>aki様
コメント有り難うございます。
F1については、セナ以前にもピッツバルディーやネルソン・ピケがいたので、日本が中継を始める前から、同時中継をやっていたのがブラジルです。
インテルラゴスでは、F1以外にも色々なレースが頻繁に開催されています。
今も、バリケロとマッサについては、色々な報道があります。
問題は、この人達がサンパウロにいるのは僅かな期間なのでこのブログでは取りあげにくいというわけです。
F1全般については日本で報道されている情報量の方が遙かに多いのではないかと思います。
一応、スポーツ専門チャネルでは、テスト走行も中継されています。
彼ら2人に関しては、もちろんブラジル人ですから、ここでの情報が多いと思います。
シュシャは、43歳くらいだと思います。

Posted by: Sao Paulo | terça-feira, 2 de maio de 2006 at 18:12

こんばんは。akiです。

やはりXuxaの年齢は40歳前半でしたか。
想像通りですが、何度見てもキレイ&可愛いですね。

私のリクエストしたいモータースポーツ情報とは
バリケロとマッサ等のF1情報ではなく、
小さい子から大人までのカート情報とかのブラジルの
モータースポーツ自体の情報が記載されたらいいなと
思ってます。

「”ブラジルの人々のモータースポーツへの情熱”
を教えて欲しい」という事になりますでしょうか。

2004年の記事を見ると、管理人さんはインテルラゴスに
何回も足を運んでいるようですし、モータースポーツ全般に
興味があるんだろうなとチョコッと思いました。

ではこれからも面白い記事を楽しみにしてます。
特に「幸運殿」はサイコーでした(笑

Posted by: aki | sexta-feira, 5 de maio de 2006 at 07:14

管理人さん久しぶりです。2度目の投稿になります。akiさん初めまして。

サンパウロ駐在中,F1を見にインテルラゴスに4度行きました。予選は自分の車で行って,付近住民から住民通行許可証を値切って買って車を停めます。

他にもインテルラゴス地区には数え切れないくらい行きました。
あの周辺にはインテルラゴスショッピングセンターとSPショッピングという2つのショッピングセンターがあります。家族連れで出かけるところに困るととりあえずショッピングセンターに行ってみるというのが赴任当時の私たちの休日の過ごし方でした(私はイビラプエラのショッピングセンターに歩いていけるところに住んでいましたが,星の数ほどあるサンパウロ市内のショッピングセンターはほぼ制覇していました)。

また,SESC(セスキ)インテルラゴスも何度か行きましたね。これは公営?大型運動公園とでもいえばいいのでしょうか。会員にならなくても使用できるテニスコートがありましたので(小さいSESC=プールだけとかは市内に結構ありますよね)。

さて,ショッピングセンターめぐりをしているとき,屋内駐車場にカート場のあるところを見つけました。名前は忘れましたが,Zona Leste(東地区)で,コンゴーニャス空港からバンデランチスを東に行った方だったような記憶があります。
カパセッチ(ヘルメット)をかぶってけっこうなスピードで走っていたような・・・。
それから,郊外,フェルナンヂアス街道やカステロブランコ街道沿いにも大きめのカート場を見かけました(カンピーナスかアチバイア方面かな?)。
ライセンス無くても,お金払えば乗れたと思います。

私もこのブログ大好きです。サンパウロで毎日見ていたのはSUPER POP(スーペルポップ)とか,罰ゲームで下手物食わせる番組とか,「ジェラーダ」といいながら冷蔵庫に入れられる番組です。これからも楽しい情報を楽しみにしております。

Posted by: lucky | sexta-feira, 5 de maio de 2006 at 20:31

>aki様
モーター・スポーツといえば、どうしてもお金がかかります。やはりごく一部の富裕層のスポーツであることはいうまでもなりません。そういった富裕層がいるから、次々にF1レーサーがブラジルに出てくるわけです。
こういう人たちは、お金も土地も持っていますから、日本とは違ってカート場があちこちにあり、草レースも行われています。 インテルラゴスにも、実はカート場があります。
子供にはカートをやらせて、自分はストックカーレースのチームを持っている金持ちがいました。 自動車部品製造会社のオーナーでした。
「幸運殿」にあうようなことは滅多にないのですが、そういう出会いを求めてサンパウロで生活しています。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 6 de maio de 2006 at 12:59

>lucky様
モエマも変わりましたね。一戸建てが多い中級住宅街だったのが、高級アパート街と呼ばれるようになりましたね。 イビラプエラ通りも、若者向けの店で深夜は渋滞していたのが、今はきれいな商業ビルになってしまいました。イビラプエラショッピングだけは余り変わっていません。 最近はショッピングセンターにはあまり行かなくなりました。安全だけど、高いからです。 多少は治安も改善したようなので、セントロなどの方が買い物をする楽しみも多いので、出来るだけそちらに行きます。
インテルラゴスの湖側に、知人の豪邸があり、何かの時にはよく利用させていただきました。 グァラピランガ湖でのヨットのほうが、なじみがありました。
このところ、行動範囲が極めて狭く(パカエンブー付近だけ)なって、駄目ですね。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 6 de maio de 2006 at 13:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9614340

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのシュシャ20年:

« ブラジル・サンパウロの早朝朝市2006 その1 魚や | Main | サッカー・サンパウロ州選手権 その69 第19節 コリンチャンス対パウリスタ その5 試合観戦3 笠井健太 »