« ブラジル・サンパウロは「秋」 その8 4月18日 | Main | サッカー:グァラニーの社長辞任 »

quarta-feira, 19 de abril de 2006

サッカー:アモローゾはミランにずっといたいと言った。

ミランMilanの控えであっても、FWアモローゾAmorosoはサンパウロFCに今戻ろうとは考えたことはないことを保証した。

サンパウロFCの新社長ジュヴェナル・ジュヴェンシオによると、アモローゾはサンパウロへの復帰について話すために電話をしたという

「サンパウロFCのファンは大好きだ。 あそこで6つ素晴らしいことがあった。 しかしミランMilanでも、家族のような完了に出会って、最高で、とても幸せである。 2007年の7月まで契約があって、長い期間ここにいることを期待している」と、アモローゾは言った。

サンパウロFCでは、アモローゾAmorosoは2005年はリベルタドーレス杯南米選手権と世界クラブ杯のチャンピオンになった。 日本で優勝したあと、ミランからのオファーを受けて、イタリアに行った。
ミランの監督カルロ・アンチェロッチCarlo Ancellotiにはとても少ししか評価されていない。

「今は多くの機会があるわけではない。 というのは、インザジInzaghi とギリャルヂーGillardinoがイタリア代表の席を巡って争っているからだ。 しかし、次のシーズンには自分のチャンスがあることを知っている。 それで他の選手と一緒に全ての練習をこなしている」と、アモローゾは締めた。

-----------------------
サンパウロFCの新社長ジュヴェナル・ジュヴェンシオに泣きついたのを、彼が暴露してしまったことで、ミランでの立場が無くなってしまったのだろう。

アモローゾは、「サンパウロFCに戻りたい」ということを、つよく取り消すしかない。

|

« ブラジル・サンパウロは「秋」 その8 4月18日 | Main | サッカー:グァラニーの社長辞任 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9663864

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:アモローゾはミランにずっといたいと言った。:

« ブラジル・サンパウロは「秋」 その8 4月18日 | Main | サッカー:グァラニーの社長辞任 »