« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その7 ブラジル代表のスイス合宿見物チケットは、早くも売り切れ必至。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その16 サントスのルシェンブルゴ監督は60日間出場停止。 »

quarta-feira, 26 de abril de 2006

サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その8 アントニオ・ロペスはCBFのプロポーザルを断った

アントニオ・ロペスAntônio Lopesはワールドカップ・ドイツ大会でブラジル代表seleção brasileiraの「スパイespião」になって欲しいという、ブラジルサッカー協会CBFからの要請を受けそうだった、しかしサッカー・クラブで働きたいという”思いsaudades”があるとして断った。

コリンチャンスCorinthiansを離れて1ヶ月が過ぎた、アントニオ・ロペスはパルメイラスPalmeirasの役員からは公式には打診を受けていないことを認めたが、友人のエーメルソン・レオンEmerson Leãoが去ったあとの席で、パルメイラスで働くことは大きな喜びとした。

「サンパウロSão Pauloで働くことは最高だ。 パルメイラスPalmeirasだったら、それは格別だ。報道関係の多くの人たちが自分に電話してき、またある代理人も自分の名前がパルメイラスの中で出ていると言っていた。
しかし公式には何もない。 最初CBFからの要請を受けようと思ったが、しかしこの期間中クラブからのプロポーザルを受けられないことを考えた。 クラブに戻りたい」と、アントニオ・ロペスは明らかにした。

--------------------------
ブラジルサッカー協会CBFの下で働くよりも、サンパウロのサッカー・クラブの監督の方が遙かにやり甲斐があるようだ。

2002年にはブラジルサッカー協会CBFで働いていたアントニオ・ロペスだけに、どちらが良いかはよくわかっているのだろう。

パルメイラスは、監督選びを急がないと公には言っている。
下馬評で一番多いのはチチTiteだ。
彼は昨年初めはコリンチャンスの監督だった。
その後、アツレチコ・ミネイロの監督になったときもあったはずだが、今は空いているようだ。、

|

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その7 ブラジル代表のスイス合宿見物チケットは、早くも売り切れ必至。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その16 サントスのルシェンブルゴ監督は60日間出場停止。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9772100

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その8 アントニオ・ロペスはCBFのプロポーザルを断った:

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その7 ブラジル代表のスイス合宿見物チケットは、早くも売り切れ必至。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その16 サントスのルシェンブルゴ監督は60日間出場停止。 »