« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その39 科学の実験 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その8 番組が消えた »

domingo, 2 de abril de 2006

サッカー・サンパウロ州選手権 その62 第18節 サンパウロFC対サントス

4月2日16時から、サンパウロのモルンビー競技場で、サッカー・サンパウロ州選手権の第18節のサンパウロFC対サントスの試合が行われている。

現在首位を行くサントスと、そのサントスに勝ち点4点差で2位についているサンパウロFCとの、この試合で2006年のサンパウロ州選手権の優勝が決まると言っても良い。

サントスが、勝つか引き分けで、あと1試合を残してサントスの優勝となる。
サンパウロFCが勝つと、最終戦に優勝の決定は延びる。

最終戦で、サンパウロが勝ち、サントスが引き分けるか、負けると、サンパウロFCの逆転優勝となる。
逆転優勝になると、昨年2005年に続いての連続優勝となる。

サントスは、サンパウロ州選手権では実はもう21年優勝していない。
久しぶりのチャンスを、絶対にものにしたいはずである。
サントスの監督のヴァンダレイ・ルシェンブルゴは、1990年のブラガンチーノの監督としての優勝以来、5回優勝(ブラガンチーノ以外では、パルメイラスで3回、コリンチャンスで1回)を勝ち取っている。

サントスの先発メンバーを見ると、ロドリゴ・タバタが外されている。
連戦の疲れがでているようだからとは、ルシェンブルゴ監督の説明だ。

前半は、サンパウロFCがボールを支配していて、再三サントスのゴールを脅かしていた。
しかし、24分にサントスがPKを決めて、1対0。

43分に、サンパウロFCにPKの機会が訪れた。
もちろんGKロジェリオ・セニがゴール左隅に、決めて、1対1。

サンパウロ州選手権でのロジェリオ・セニのゴールは4ゴール目。

前半48分、前半終了。

後半になって、ロドリゴ・タバタが入った。
サントスに1人退場者がでた。

ここで、元々押されていたサントスが苦しくなった。

遂に、サンパウロがチアゴがゴールを決めて、2対1と逆転。

サントスは、引き分け作戦が崩れ、攻撃を始めるがいかんせん攻撃陣は全て交替していたし、人も足りない。
更に、今度はサンパウロFCが勝ち逃げ狙いの遅延作戦に入った。

さらに、後半46分に、サンパウロのアンドレ・ジアスがだめ押しの3点目を決めて、3対1。

サンパウロFCが勝利して、勝ち点の差を1点とした。
「20060402GN22-CP19-SaoPaulo-Santos.wmv」をダウンロード

サントスは最終戦は地元で、ポルツゲーザ戦。
自力優勝は勝利しかない。
引き分けでは、サンパウロFCが勝利したときには、勝点が逆転する。

サントス側から見ると、
引き分けの時は、サンパウロFCが引き分けもしくは負けてもらわないと、逆転される。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その39 科学の実験 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その8 番組が消えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9405589

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権 その62 第18節 サンパウロFC対サントス:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その39 科学の実験 | Main | ブラジルで一番の馬鹿番組 その8 番組が消えた »